現金化のクレジット決済代行には裏事情がある

ゲーム

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クレジットカードのショッピング枠現金化の使用後にはカード会社からお届きになられます利用明細書を見ていただきますとお取引内容がご確認できますが、取引業者によっては内訳が分からないということがあります。

通常のクレジット決済をしていただきますと購入先が読み取れるようになっておりますが、現金化業者でのカード決済ですとパスワードのように文字がつづられていることがあり解釈ができません。

現金化のクレジット決済代行には裏事情があるようです。

現金化業者はクレジット決済代行と契約している

クレジット決済代行_契約

皆様がクレジットカードでショッピングをする際はカード会社から送られてくる利用明細書を見て購入代金や返済日を確認されることでしょう。

カードを使ったショッピングにはクレジット現金化も同様にカード会社から利用明細書を見ることができますが、自社端末を導入した業者での契約ですと決済の額面は分かりますが購入先が分からないようになっています。

社会的に信頼が低い業種の会社はクレジット決済を導入することができませんので、現金化業者はクレジット決済代行業者と契約しているのです。

クレジット決済代行会社と取引をしている現金化業者でカードを使いますと海外の決済システムを通したシステムとなりますので購入先が不明となります。

VISAやMaster等の銘柄のカードであれば海外決済であってもブランドを通じて認証されやすいのです。

では、クレジット決済代行会社とはどのようなサービス提供をしているのでしょう。

クレジット決済代行会社とは

クレジット決済代行会社

主にネットショップ等にカード決済システムを提供していることが多く、カード会社と加盟店の仲介をし決済システムを導入する会社のことです。

現在の社会ではネットが普及してきたこともあってかショッピングはネット上でされる方が多くなりクレジット決済をされる方が多くなりました。

以前ではセキュリティ問題が確立されていなかった為ネット上でのクレジット決済は避けていた方も今では躊躇されずにショッピングを楽しんでいらっしゃることでしょう。

通常の決済ではない為カード会社が睨んでいる

カード会社_睨む

現金化業者が導入している端末は海外を通したルートで行なっていませんので、通常の決済ではない為カード会社が睨んでいます。

先程も申し上げましたがVISAやMasterは海外決済でも比較的通しやすいカードとして取り扱われていますが、JCBは国内で発行されているカードですので決済代行を通した現金化業者との取引は危険を伴う恐れがあるのです。

また、利用されるショッピング枠があまりにも高額の決済ですとカード会社が名義人様から使用目的を聞き出されるようなこともあり、現金化目当てのお買い上げと疑われることもあります。

そうなりますと一時的使用停止になったり、最悪のケースでは現金化目的の買物だと疑いをかけられているので取り消さないと使用停止を命じられてしまうこともあるようです。

決済代行会社と契約を結んでいない業者もある

決済代行会社_契約_結んでいない

カード現金化を商売としている全ての会社がクレジット決済代行と取引を交わしているのかといえばそうではありません。

中には買取方式を用いてサービスを提供している現金化業者もいますのでクレジット決済代行会社と契約を結んでいない業者もあります。

買取方式は指定のネットショップもしくは店頭販売の品物を購入し、その商品を買取る方法ですので決済代行を依頼する必要が無いのです。

即日入金が希望でない方には正規店での決済ですので安心してクレジットカード現金化ができますので適任ではないでしょうか。

現金化のクレジット決済代行には諸問題が何かと付き物のようですね。