何故クレジット現金化の商品はちっぽけな物なのか

クレジット現金化 商品

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

買取方式のクレジットカード現金化業者との契約ですと換金性の高い物を売りますので価値のある商品を手に入れることから始め、品物を入手した後は取引業者に買取ってもらい換金してもらうだけです。

その他にはキャッシュバック方式がありますが、こちらの場合は現金化業者が指定した販売店でクレジット決済にてお品をお買い求めていただき特典としてお金が振り込まれるもので、後日利用者のご自宅に商品がお届きになります。

この際にキャッシュバック型のカード現金化業者との取引で扱われている物を見ますととても購入額に見合った商品ではありません。

何故クレジット現金化の商品はちっぽけな物なのでしょうか。

現金化業者が販売している商品に価値がない理由

クレジット現金化 商品

キャッシュバック方式のカード現金化業者との契約ではクレジット決済にて商品を購入していたき利用者は必ず現物をお受け取りいただかなければいけません。

このサービスでは現金を手に入れることが目的ですので買われる品は何も値打ちの無いものばかりです。

どうしてクレジットカード現金化で取り扱われている商品には何も取り柄がないものなのでしょうか。

現金化業者が販売している商品に価値がない理由を検証してみましょう。

現金化業者は経費を抑えたい

クレジット現金化 商品

そもそもクレジットカード現金化はお金を手に入れることを目的にサービス提供ですので商品はなんだって構わないというのが業者側の意見なのでしょう。

利用者はどういった物が配送されてくるのかということは気にされますが、本音を言えば価値があろうとなかろうと関係ないという人が多いと思います。

現金化業者は取引を交わした方には自分達が販売している品物を配送しなければいけないという義務から常に在庫を切らすわけにはいきません。

その為、自社で商品を備えておく必要がありますので現金化業者は経費を抑えたいということからコストのかからない物を準備しているのでしょう。

オリジナルとなれば時価で売れるから

クレジット現金化 商品

自社で作成した物であれば販売価格を決められるということもあって大した物を利用者に送っていないということもクレジットカード現金化の商品がちっぽけな物なのです。

自社製品という理由なら販売価格はいくらで品物を売っても問題はありません。

オリジナルとなれば時価で売れるからどんなに値打ちがなさそうな物を高価販売しても商売上支障が出ませんのでカード現金化の商品は価値の無い品物を受け取ることが多いのでしょう。

換金目的と悟られないため

クレジット現金化 商品

クレジット現金化でのお手続は業者側からネットショップを紹介されオンライン決済手続をしますのでお店が展示します商品が値打ちのある物ですと、どうしても換金性の高い品となってしまう為カード会社がキャッシュバックを目的のショッピングだと誤解されがちです。

通常の買物だと見られるには時価の製品を販売しているとなれば現金化狙いのカード使用とは思わないでしょう。

換金目的と悟られないためにカード現金化の商品はちっぽけな物を配送しています。

以上が現金化業者が販売している商品に価値がない理由です。