クレジット現金化のキャッシュバック方式の全容

キャッシュバック方式_全容

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

急な資金策として使われることが多くなったクレジット現金化は、いろんなメソッドがありますが主にキャッシュバック方式を取り入れた現金化業者が多いです。

クレジット現金化をするのなら最低限覚えていただきたい手法ですので、ここではキャッシュバック方式の全容を明らかにしていきたいと思います。

キャッシュバック方式とは

キャッシュバック方式とは

クレジット現金化のキャッシュバック方式とは現金化業者が販売している商品をカードのショッピング枠を使ってクレジット決済で購入し景品としてもれなくお金が振込まれる仕組みとなっています。

現金化業者によって販売サイトを別に設けておりますので取引をする際にショップを紹介され、利用者がオンライン決済をしていただくだけですので難しい手続はございません。

それでは、キャッシュバック方式での現金化をした手続の流れを解説いたします。

カードのショッピング枠残高を確認

カード_ショッピング枠残高_確認

クレジット現金化の申込みをする前にしていただきたいことは使用するカードのショッピング枠残高を確認してください。

カード所有者は自分の物だからショッピング枠残高くらい確認しなくても分かると過信しがちですが、実際クレジット決済をしますと失敗に終わることがあります。

オンライン決済をしくじった原因は高額の買物をした場合かショッピング枠残高不足ということしか考えられません。

大半が使えるショッピング枠が想像とは違って少なかったことが多いので過信せずに面倒ではありますが、クレカ現金化を利用される前には第一にやっていただくことはショッピング枠の残高確認です。

来店も審査も不要でweb決済で楽チン

web決済
クレジット現金化をする上でのメリットは来店も審査も不要でweb決済で楽チンということです。

クレジットカード現金化を運営している会社は店舗型もありますが、パソコンもしくはネット環境が整っているのであれば来店しなくてもどこからでも申込みができます。

お金にまつわることサービスでありますが審査も不要ですので、クレジットカードさえお持ちであればどなたでも利用することができる資金策です。

現金化までも簡単web決済をしていただくだけでお金を手に入れることができますので、電話で人と話をするのが苦手だという人であっても大変手軽に利用ができます。

すぐに現金が手に入る

現金を手に入る

お申込みしてから、1)本人確認、2)クレジット決済、3)銀行口座に入金という順序で現金を手に入れることができます。

現金化業者に新規でお申込みされる方であっても、お申込みから現金化までにかかる時間はかかっても1時間程度なので当日すぐに現金が手に入ります。

振込先は利用者名義の銀行口座であればどれを指定していただいても構いません。

また、平日午後3時を過ぎましても取引現金化業者によりますが首都主要銀行とネットバンクを取り扱っていますので当日反映の着金が可能です。

ネットバンクへの振込に関しては、土日祝日24時間当日入金ができますのでクレジット現金化で資金調達を考えているならば、1)ゆうちょ銀行、2)ジャパンネット銀行、3)楽天銀行のいずれかをお持ちであると、なおいっそう便利に利用できます。

問題が起こりやすいんじゃないの?

問題が起こりやすい

これほどまでに簡単に現金を手にいれることができるサービスなのだから、問題が起こりやすいんじゃないの?と不安になりがちな方がいらっしゃいます。

確かにクレジット現金化ではトラブルが起こる事態もありますのが、カード会社にキャッシュバックを目的としたショッピング枠の利用さえ知られなければ問題はありません。

業界内に悪質現金化業者が潜んでいることもありますが、クレジット現金化においてのトラブルはカード会社に利用規約違反をおかしたことが発覚したことがほとんどです。

利用者がクレジット現金化の仕組みをしっかりと把握できていればそれほど心配する必要はないです。

他にも方法はある

pict-Dollarphotoclub_59073178-min

クレジット現金化はキャッシュバック方式が主流ですが他にも方法はあります。

1)買取方式、2)amazonギフト券買取等の方式を取り入れた現金化業者もいまして、中にはクレジット現金化サービスとamazonギフト券の買取業務を併用している業者もいるようです。

上記2つの方式は換金性のある商品を購入するのでカード会社に現金化目的のショッピング枠の使用だと勝手に決め付けられてしまうことがありますので、クレジット現金化をするのであればキャッシュバック方式が妥当なのかもしれません。