ショッピング枠現金化業者と自分でやる現金化はどっちが安全?

自分でやるショッピング枠現金化

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

わざわざショッピング枠現金化業者を通さずとも、自分でできる現金化の方法はございます。

しかし、実は自分でやる現金化には、大きなリスクもあり危険性が高いのは知ってましたか?

では、なぜショッピング枠現金化業者を通した方が安全なのか分かりやすく解説して行きたいと思います。

自分でやる現金化は高換金できるがリスクは大

自分でやるショッピング枠現金化

自分でやる現金化は、たしかに、ショッピング枠現金化業者を通すよりかは高還元に現金化することは可能ですが、ひとつ大きなミスをおかすとカードの利用停止などのペナルティが科せられてしまうなんてこともあります。

自分でやる方法は高価な物を自分のクレジットカードで購入し、転売すれば高い換金ができます。

例えば、新幹線の回数券がいい例です。JRの窓口に行き人気の高い回数券を事前に調べてカードで購入して、チケット屋で転売すれば95%以上で現金に換えられます。

しかし、この方法は現在、一番危険な方法とも言われ、80%以上のカード会社が目を光らせており、高額の回数券を購入すればするほど、カード会社から調査が入る可能性は高いです。

万が一、転売目的でクレジットカードを利用したことが発覚すれば、間違いなく何らかのペナルティはくらうか、最悪、利用の停止、もしくは全額一括請求なんてこともあります。

従って、自分でやる現金化は仲介業者を通すよりも危険だということがお分かり頂けたかと思います。

なぜ仲介業者を通す方のが安全なのか?

ショッピング枠現金化安全

ではなぜ、わざわざ現金化業者を絡ませたほうが安全なのかお教えいたします。

多少、高い手数料を支払ってもショッピング枠現金化を通した方が良いのかと申しますと、業者は自社で決済端末を抱えているところが多いからです。

自社で抱えている=少なくても現金化業者はオリジナルの商品を販売することができ、カード会社も現金化業者が何を販売しているかまでは、すぐに分からない可能性が高いからです。

もし、その商品に換金性が高い商品ならカード会社もすぐ目をつけ調査を入れることができますが、現金化ショップは主に海外決済を導入しており、カード会社はなんの商品を購入したのか分かるまで時間がかかるからです。

また老舗業者は、このような対策を何年も前からとっておりますので、常に最新の情報を取り入れ安全に手続きを行う業者もあるようです。

従って自分でやる現金化方法よりは、ショッピング枠現金化業者で利用した方がカード会社にバレにくくリスクも軽減できることかと思います。

自分でやるアマゾンギフト券の換金はどうなの?

アマゾンギフト券の換金は危険

最近、流行りのアマゾンギフト券の換金も新幹線の回数券と同様、換金性の高いものになります。

従って、クレジットカード会社もアマゾンギフト券のカード購入はうるさくなってきているようです。

また、アマゾンギフト券を悪用した詐欺事件も増加の傾向にあるようなので、今後カード会社もアマゾン側も今以上に規制や販売停止などの処置をとっていくことになるでしょう。

最後に急なお金の入用には、多少でも手数料を払ってでも、安全と思われるショッピング枠現金化業者を見つけ、利用した方が確実・安全に現金化ができると私は思います。

くれぐれも自分でやる現金化は自己責任のもと利用を行なってください。