カードでお金の看板って何のこと?

クレジット 現金化 分割

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

街中には広告を掲げている看板を見かけることがあります。

都心ではいろんな企業が看板を使った広告がオフィス街などでは多くなりました。

特に繁華街が多い新宿では商業施設が盛んということもあり「カードでお金」という看板を目にすることがあります。

「カードでお金」という表現をしている理由

表現_理由

「カードでお金」の看板は都内では見かけるようになりましたが、何のことだか分からないという人の為に申しますとクレジットカードのショッピング枠現金化を意味します。

クレジットカード現金化はネットで簡単取引ができる資金調達ということから手軽さを感じられるでしょう。

利用者も以前からしますと比較的に増え知名度も上がりましたが、クレジットカード現金化は違法性に問われる資金策ということから社会的な問題にまで発展しています。

実際、2011年にはクレジットカード現金化業者が逮捕されたという報道もあったので続々と自ら閉店した業者も少なくありません。

現状は合法的なサービスとして世には伝わっているものの、公にクレジットカード現金化業者と名乗ることはなくなりました。

そのせいもあってか、「カードのショッピング枠を現金化します。」という広告ではなく「カードでお金」という表現の仕方をしているのではないでしょうか。

現金化だとダイレクトに言えない

言えない

クレジットカード現金化はクリーンな印象がないせいか表記の仕方を変えることによって、人に与える影響が違ってくると思われ「カードでお金」と書き表しているのかもしれません。

また、違法性に問われる資金策として見られている為現金化だとは言えないのだと思われ、表示の仕方によって同義であっても印象は変わります。

クレジットカード現金化を知らない人からしても「カードでお金」と表記されているのを見ればどういう職種の広告なのかは分かるのではないでしょうか。

看板は目で見るものですのでキャッチフレーズが強くなければ印象を与えられません。

看板の効果は高い

看板の効果

今ではゴミ処理問題で見られることがありませんが、捨て看板という物があったことを覚えてらっしゃいますでしょうか。

キャバクラなどの周年イベントの広告として街中の電柱に張られていた看板ですが、ほんの先に同じ広告が張り出されているので繰り返し視野に入る為非常に効果が高い広告として後が経ちませんでした。

同様にクレジットカードショッピング枠現金化も「カードでお金」と看板で広告をしています。

看板の効果は高くクレジットカード現金化のことを知らない方でも何度も見ることで「カードでお金」の看板が何を意味しているのか把握できます。

お店の名前を知っていただければ、クレジットカード現金化を初めて使う人でも知っている店舗から問い合わせることから始められるでしょう。