ショッピング枠現金化でカードの利用停止にならない為の秘訣

現金化 利用停止

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

違法性が高い資金策としてクレジットカード現金化は問題視されていますが、利用者が逮捕されていない現状が続いております。

ショッピング枠現金化はカード会社への利用規約違反となっているので、本来は禁止されている行為なのでクレジット信販会社にばれてしまいますとペナルティを課せられてしまうのです。

警察に検挙はされませんが、カードの使用停止を命じられてしまいます。

ショッピング枠現金化は危険と隣り合わせの資金調達法には変わりがありませんが、カード会社に公にならなければ使い続けることが可能です。

では、ショッピング枠現金化でカードの利用停止にならない為の秘訣を教えます。

ショッピング枠現金化とは

現金化 利用停止

ショッピング枠現金化は、クレジットカードで取引業者が指定する商品を購入していただき、その品に付属している特典としてキャッシュバックを受取る資金策です。

今、申し上げました方法はキャッシュバック方式の一例で、その他にも現金化では買取方式がありますが、決められた品物をカードでお買い求めていただいて、買われた物を換金してもらうことで買取代金が手に入ります。

取引方法は現金化業者によって異なるだけでなく、換金率や入金時間も契約を交わすお店によっては大分差が出てくることもありますので、利用する店舗の選考は慎重にしなくてはいけません。

現金化業者はネットバンクを完備しておりますので、お急ぎでお金を用立てたい時は当日が土日祝日であっても即日送金も可能です。

カードは利用停止にはならないの?

現金化 利用停止

ショッピング枠現金化を利用する人が最も恐れていることは違法性はないのか?ということとカードは利用停止にはならないの?という2点ではないでしょうか。

ショッピング枠現金化は詐欺罪や横領罪を課せられる可能性があると言われておりますが、未だに利用者が逮捕された履歴がありません。

但し、カード会社が定めている利用規約違反を犯しているので、ショッピング枠を使って現金化をしたことがクレジット信販会社に知れ渡りますと、確実に利用停止を命じられます。

カードが二度と使えなくなるだけでなく、返済額残高の一括請求を言い渡され、支払いを余儀なくせざるを得ない状況に追い込まれてしまうことでしょう。

買取方式の取引は要注意

現金化 利用停止

ショッピング枠現金化をしたことがクレジット会社に見抜かれることさえなければカードは長い年月使うことができますが、買取方式の取引は要注意です。

買取方式のショッピング枠現金化では、換金性の高い商品を購入することから始めますので、カード会社から睨まれてしまうかもしれません。

信販会社はカードを現金化目的に使用することは一切認めておりませんので、大量にブランド品を買おうとしている人を不審者と判断するのです。

一度に同じ品物をいくつも買おうとしていれば現金化目当てに買物をしているのは明白ですので、買い方も考えなくてはいけません。

カードが利用停止にならないようにするには

現金化 利用停止

ショッピング枠現金化では、買取方式が危険だと言うのであれば、キャッシュバック方式に専念すべきなのでしょうか。

キャッシュバック方式は決済代行業者のオンラインを通しますので、海外でショッピングをした履歴が残りますから、カード会社が余計に不信感を募らせてしまいます。

では、カードが利用停止にならないようにするにはどうしたら良いのでしょう。

たまにはクレカでショッピングをして、日常でも使っていることをアピールしますと換金性のある商品をカードで買っても現金化目的に買物をしていると疑われません。

普段カードを使わない方がルイ・ヴィトンの女性者の鞄を何点も購入しようとすれば換金目的だと悟られてしまうでしょうから、現金化をするのであれば、日々のショッピング履歴が重要となります。

ショッピング枠現金化の利用希望者がカードの利用停止になっている方の傾向は高額な物を一度に買おうとしている時です。