乗換えるなら今!還元率の見直しと安全の現金化業者選び

還元率の見直しと安全の現金化業者選び

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ご利用のクレジットカード現金化業者に不満があれば二度と契約はしたくはないでしょう。

取引をした現金化業者に不平を持ってしまったのは利用するお店の選択に誤りがあったか騙されてしまったのかどちらかしかありません。

いずれにしても契約をする現金化業者の選定に問題があったのは確かなことです。

現在、取引をしている現金化業者があり定期的に利用しているのに一向に換金率が上がらないとなれば不満を感じるでしょう。

そうなれば、現金化の取引をする店舗を換えれば良いだけのことですが次に契約をするお店で二の舞はしたくありません。

現金化の妥当な還元率と無難な業者選び

還元率の見直しと安全の現金化業者選び

クレジットカード現金化の還元率は取引業者ごとに異なります。

還元率を高く見積もってくれる現金化業者が優良店だと認識する人が多いですが、高換金率だということだけで契約を結ぶのは浅はかな考えです。

確かにショッピング枠現金化は還元率が高くなるに連れて受取れる額面は多くなりますから高い数値を公式ホームで表記している店舗には依頼者が殺到するでしょう。

しかし、現金化業者が公開しているホームページに表記されている還元率はあくまで最高もしくは最大値となっておりますので、実際には低く見積もられてしまいます。

還元率は取引業者によって替わるのであれば高い数値を設定しているお店を選ぶのがごく普通の考えですが、クレジットカード現金化は当たり前のことが通用しない金策です。

では、現金化の妥当な還元率と無難な業者選びについてお話しましょう。

還元率90%以上の現金化業者は存在しない

還元率の見直しと安全の現金化業者選び

クレジットカード現金化を利用するならば少しでも高い数値を提示してくれる店舗を選びますが、結果的に還元率は低く見積もられてしまった方が多いのではないでしょうか。

やっとのことで高還元率現金化業者を見つけだしたのに契約時には引き下げられるなどご不満を持たれた人は次回利用の際は違うお店で資金調達しようと考えるでしょう。

換金率が9割代だったから申込みをし言われたとおりに必要書類を提出したのにも関わらず取引内容が変わってしまうのであれば依頼せずにいたと悔やむ人もいます。

率直に言えば還元率90%以上の現金化業者は存在しません。

どうして、クレジットカードのショッピング枠現金化は公式ホームに表記されている還元率のまま契約ができないのでしょうか。

換金率が高ければ契約者に渡る額面は多くなりますが現金化業者の収益は少なくなります。

利益を追求する商売の現金化業者は少しでも低い還元率で契約交渉に臨もうとしていますので利用者に振込まれる額面が少なくなったとしても知ったことではないという考えです。

しかし、一度きりの取引ではなくリピートしてもらうことを考えていますから、今回は還元率は低かったけれど2回目以降は高くするなど口約します。

どんな現金化業者を選ぶべきか

還元率の見直しと安全の現金化業者選び

還元率だけで取引する現金化業者を選定するのは早まった判断です。

先程も申しましたがどの現金化業者も公式ホームに掲載している還元率通りには契約は結びませんので、取引業者を決めるのであればもっと違った角度から見極めなければいけません。

臭いことを申しますが、クレジットカード現金化は契約者とサービス業者がお互いに信頼しあってこそ成立する取引ですから還元率だけで選ぶのは危険までとは言いませんが早まっています。

では、どんな現金化業者を選ぶべきなのでしょうか。

自社のホームページに表記されている還元率とおりにショッピング枠現金化ができないとしても依頼者にメリットがある契約交渉をしてきます。

例えば、初回の契約内容がショッピング枠200.000円に対して還元率が93%だったとしても、実際は低く見積もられてしまいますので実質80%代まで引き下がるでしょう。

現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎない
現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎない
皆様がクレジットカード現金化をする時は取引業者の選考から始めますが、気になるのが提示されている換金率ではないでしょうか。 現金化業者が...

しかし、次回利用の際は還元率を高くすると口約してくる現金化業者もいて二回目以降の取引に期待を持たせますが、公言とおりに契約をしてくれるとは限りません。

上記のような食い違いがないように二回目以降の還元率がどれ位高くなるのか、もしくは的確な数値を約束してくれる現金化業者ならば契約を交わしても良いでしょう。

納得できないなら他店に乗換えるべき

還元率の見直しと安全の現金化業者選び

現金化業者が次回の取引内容を約束してくれたとしても公言とおりに契約をしてくれるとは言い切れませんし、二回目以降の契約であってもご利用のショッピング枠が初回よりも少ないと更に低くなることも考えられます。

現金化業者の不可解な内容に納得できないなら他店に乗換えるべきです。

クレジットカード現金化の還元率は悪く言ってしまえば取引業者のさじ加減で決まってしまう単純な数値ですから、足元をすくわれてしまった人は大勢いるでしょう。

しかし、現金化業者も依頼者がいなければ利益がありませんので運営することができませんから利用しやすいように還元率をサービスするお店も増えてきました。

赤字になる現金化サービスはしませんが金券ショップのように薄利多売で集客しています。

契約してみないとハッキリとした還元率が分からないのでクレジットカード現金化なので取引業者の選考は非常に難しいです。

もし、取引したお店での契約内容に納得できないのなら乗換えるなら今です!還元率の見直しと安全の現金化業者選びを改めてしてみるべきです。