ちょっと待って!契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

消費者金融で借入ができない人がたどり着く金策といえば、クレジットカードのショッピング枠現金化ではないでしょうか?

カード現金化は昔からあるサービスですが知名度が低かったこともあり、闇金融でお金を借りていた人は少なからずいたでしょう。

闇金業者で借金をしてしまうとオーバーな言い方になりますが人生を狂わされるかもしれません。

サラ金などで融資を受けれない人の中にはクレジットカードをお持ちの方もいるでしょうから、総量規制が完全施行された時期からはショッピング枠現金化で資金調達する人が増え始めました。

カード現金化は買取方式とキャッシュバック方式が主流となっており、契約を交わす現金化業者によって取引方法がどちらかに定まります。

買取方式はクレジットカード現金化では元祖とも言える取引方法で来店型の店舗しかありませんでした。

また、カード現金化をするにも店舗型しかありませんでしたので店頭まで出向かわなければならなかったのです。

ネット社会になってからは、キャッシュバック方式が取り入れられるようになりお店まで足を運ばずとも自宅でも取引ができるようになりました。

それ以来、買取方式を用いている現金化業者もネット手続きを導入しましたので来店しなくてもクレジットカードで資金調達をされる人は大勢いるでしょう。

どちらの方法で金策をするにしてもルールに従わなければいけないのですが、サービスを提供する現金化業者とのやり取りの仕方に問題点を見つけてしまいます。

みなさんが取引を検討している現金化業者の中には不安要素はありませんか?

ちょっと待って!契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも。

契約を交わす現金化業者の取引の仕方に問題点があるかもしれない

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
お金に困った人の大半は消費者金融を頼り借入を考えますが、現在の貸金業法では総量規制が完全施行されたため金融業者で借金をすることが難しくなりました。

そうなりますと、お金が借りれない人が行き着くのは闇金での借入となるかもしれません。

しかし、ヤミ金は呼び名の通りまっとうな貸金業者ではありませんから、お金は容易く借りれますが違法金利であるため返済するのに行き詰まり滞ることになります。

闇金業者は返済を延滞する債務者には容赦しませんから、大げさな言い方かもしれませんが人生の歯車が狂い出してしまうかもれません。

どんなに切羽詰っていたとしても高利貸業者での借入はしないことです。

サラ金などでお金が借りることが困難になったのは貸金業法が改正されてしまったからですが、中にはクレジットカードをお持ちの方もいるでしょう。

それならば、カードのショッピング枠を使って現金化してしまえば、すぐにお金を手配することができます。

現在のクレジットカード現金化の取引方法は買取方式とキャッシュバック方式が主流となっており、どちらもネットで手続きで資金調達が可能です。

買取方式は来店型しかありませんでしたが、キャッシュバック方式と同じようにネットを使ったやりとりで現金化ができるようになりました。

しかし、契約を交わす現金化業者の取引の仕方に問題点があるかもしれません。

取引方法に則っていない可能性がある

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
ここで、クレジットカード現金化の買取方式とキャッシュバック方式の仕組みについておさらいしましょう。

現金化業者に申し込み依頼される人の中には「カードでお金を借りる」と間違った見解をされている方が多いです。

確かにカード現金化をした後は、使用したショッピング枠分をクレジット信販会社へ返済をしなければなりませんので、支払いをするということがお金を返すという認識になってしまうのでしょう。

それでは、クレジットカード現金化が貸金業ではないと証明いたします。

買取方式は呼んで字の如く物をお金に替える資金調達法で、各現金化業者は換金性の高い商品を買取っているのです。

換金性の高い品といえば沢山ありますが、来店型の現金化業者ですと主に新幹線の回数券を買い取っています。

郵送型ですとルイ・ヴィトンなどのブランド品や携帯電話を買い取ることで代金を振込しているのです。

では、キャッシュバック方式の現金化はどうなのかといえば下記の通りになります。

キャッシュバック特典付きの商品をクレジット決済でお買い上げいただきお金が振込まれる仕組みです。

以上が、クレジットカード現金化の各取引方法の内容となりますが、業者によってはやりとりの仕方に問題点が見られることがあります。

ちょっと待って!その現金化方法は大丈夫?違法性の高いクレカ現金化サービスについて
ちょっと待って!その現金化方法は大丈夫?違法性の高いクレカ現金化サービスについて
手頃に資金繰りができる方法としてクレジットカード現金化を知らない人は少ないのではないでしょうか? クレジットカード現金化は昔からありま...

契約する現金化業者は取引方法に則っていない可能性がありますので、契約者にも危険が及ぶかもしれません。

現金化業者の取引の仕方の問題点

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
取引事はルールに則って行わなければいけませんが、クレジットカード現金化では規則を守っていない業者がいます。

とはいえ、悪質現金化業者のように契約者を陥れる行為はしておらず、きっちりお金も振込んでおり利用する側からしますと悪意は感じないのです。

しかし、クレジットカード現金化はサービスを提供する側だけでなく利用する側もルールに従ってやりとりをしなければいけません。

では、現金化業者の取引の仕方の問題点についてお話しましょう。

買取方式であるにも関わらず対象品が存在していない

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
買取方式は従来の取引の仕方は店頭に出向き新幹線の乗車券を換金してもらい代金を手渡しで受取っていました。

それからというものの、現金化しにお店まで足を運ばずとも買取対象品を取引業者まで郵送し換金してもらうことができるようになったのです。

また、ネット手続きで買取方式の現金化サービスを取り入れた業者も登場するようになりましたが、取引の仕方に問題点があります。

取引業者が指定するネットショップで価値のある商品を購入し、そのまま指示された所在地に品物を配送させ現金化業者が買取るというやり方ですが、これは明らかに違法です。

上記の取引の仕方は問題点が見当たらないと見受けられる方がいるかもしれませんが、買取方式であるにも関わらず対象品が存在していないことが分かります。

現金化業者に買い取ってもらう現物がないわけですから買取方式が成立していません。

オンラインショップでお買い求めた品物を購入者が納品し、現金化業者に配送して換金してもらうというのが正しい取引の仕方です。

キャッシュバック特典付きの商品が送られていない

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
キャッシュバック方式の現金化は特典付きの商品をクレジットカードで買うことによりお金が振込まれるわけですから、購入した物を受け取らなければいけません。

キャッシュバック方式の現金化はお金が振り込まれて契約が終了ではなく、お買い上げされた商品を受け取って完了です。

しかし、キャッシュバック特典付きの商品が送られていないことがあります。

これですと、キャッシュバック方式の現金化が成立していません。

何度も言いますが、キャッシュバック方式は特典が付帯されている品を買うことでお金が振込まれる仕組みですので、現金化業者は契約者に商品を配送しなければいけないのです。

取引の仕方に問題がある現金化業者は悪質店であるかもしれない

契約しようとしている現金化業者の取引の仕方に問題点があるかも
クレジットカード現金化は契約するお店の取引の仕方によって問題点があることがお分かりいただけたかと思います。

キャッシュバック方式で納品を拒んだ場合のみ利用者側が悪者となりますが、それ以外についてはすべて現金化業者に責任が問われるでしょう。

今回述べたことについては、取引の仕方に問題点がある現金化業者は悪質店であるかもしれません。

クレジットカード現金化は、どの業者と契約するにしてもルールに則た店舗を選ぶべきです。

まずは、利用検討している現金化業者に問合せをし取引内容を確認してください。