クレジットカード現金化のリスクを極限まで減らす驚愕の利用方法とは?

クレジットカード現金化のリスクを下げるためには?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「カードが利用停止になったらどうしよう・・・」

クレジットカード現金化を利用する際に、リスクの話は決して切り離せないものとなっています。

多くの利用者はこの不安を抱えながら利用しているか、そもそもの利用を躊躇っていることでしょう。

リスクがあると聞けばいくら現金が必要だとしても尻込みするのは当然のことです。

しかし、クレジットカード現金化のリスクを限りなく0に近づける方法があるのはご存知ですか?

安心安全な現金化を利用したいのなら利用方法を工夫することが必要不可欠です。

ショッピング枠現金化を有効活用するための必須知識とも言えますので、知識を身に付け現金化を賢く利用しましょう。

合わせてこちらの記事も参考に↓
http://www.fxpartners.jp/demerit/riyou-teishi/

利用停止のリスクを減少させる3つのポイント

現金化の重要な3つのポイント
多くの人は現金化はリスクの大きい方法だと勘違いしています。

確かにカードの利用停止と聞けばそう考えるのも頷ける話です。

ですが、現金化とひとことに言ってもその利用方法によって危険度が段違いに変わってくることもあります。

危険度が高い方法があるということは、その逆に方法で現金化を利用すれば危険度を減らす方法へと繋がるでしょう。

では、そのリスクの高い方法とは一体何なのでしょうか?

利用金額は徐々にあげていこう

利用金額は徐々に上げていこう
現金化を利用するとカードが止まってしまう危険性があるのはカード会社の利用規約に違反している行為だからというのは有名な話ですが、カード会社もすべての取引に目を張り巡らせているワケではありません。

今や全国の人が持っているクレジットカードでそのような事は絶対に出来ないでしょう。

カード会社も怪しい取引のみをマークして監視しているのです。

すなわち、利用金額が大きくなればなるほどカード会社に見つかってしまうリスクも増加すると言えるでしょう。

普段からカードを利用していている方なら未だしも、まったく利用していないカードや作ったばっかりのカードで数十万円分も現金化しようとすれば止められるのも当たり前です。

客観的に見たときに不自然な取引になってはいないかチェックすることが大切です。

現金化の利用頻度に注意!

現金化の利用頻度について
現金が必要になったからといって何度も何度も現金化を繰り返せば他の取引と比べて目立つ取引となるでしょう。

さらに利用頻度が増えるということは、それだけ現金化取引がカード会社の目に触れる可能性を高める行為だとも言えます。

一度に高額な現金化を利用するのはリスクが大きくなってしまいますが、過剰に気にしすぎて分けすぎるのも危険です。

現金化の利用が初めての方は利用金額を5万円~8万円程度に止めつつ、3回以内の利用を心がけてください。

カードに利用実績が残っていけば、その分取引も目立たないものとなっていきますので徐々に大きい金額を利用できるようにカードをレベルアップさせていきましょう。

リスクの低い商品を選ぼう!

リスクの低い商品を選ぼう!
どの商品にも優劣があり、それを選ぶときに重視するのは人それぞれですが、その中に利用停止のリスクといった項目もあります。

わかりやすい例えを出しますと、以前の現金化で最も使われていた商品である新幹線の回数券が挙げられるでしょう。

こちらの新幹線の回数券は、普段から利用する人が多いため需要が非常に高く、最低でも90%以上で取引することができる商品です。

しかし、需要が高いということはその分カード会社からも注視されている商品ということになりますので、当然利用停止のリスクは高いものとなります。

このように、換金率と利用停止のリスクは比例しているのです。

高い換金性も持つ商品だからと言ってそればかりを利用していては、必ずカード会社に目をつけられてしまうでしょう。

低換金率で取引をすることが良いとは言いませんが、自分の中で折り合いを付けてある程度の換金率で抑えることが重要です。

換金率の目安としては80%~90%までの取引が最もバレにくい取引となるでしょう。

逆に90%以上で取引ができるところは利用停止のリスクや詐欺の可能性が高まりますのでデメリットが大きくなってしまいます。

「こんなはずじゃなかった」と後悔することがないように注意してください。

どうしても今すぐ多額の現金が必要な方のためのウラワザ

現金化を安全にするウラワザ
このクレジットカード現金化のリスクを減らす方法には共通して言えることがあります。

それは、どの方法を利用したとしても多額の現金化には時間がかかってしまうということです。

クレジットカード現金化の特性上、どうしてもお金が欲しい人が利用することが多いので場合によってはこれでは利用者が理想とする現金化とはならないでしょう。

どうしても今すぐ現金が欲しい、そんな時に使える現金化のウラワザがあります。

それは情報管理のしっかりしている優良店を利用することです。

カードの利用停止を恐れているのは利用者だけではありません、現金化業者も同じように利用者のカード停止を恐れているのです。

カードが利用停止となれば顧客が1人減ることになりますし、現金化の全体的なイメージも悪いものとなってしまいます。

その業者がカード会社にマークされてしまうこともありますので、優良店ほどカードが利用停止にはならないような現金化を心がけています。

業者によって対策は様々ですが、どこも利用停止のリスクは非常に低くなりますので評価の高い優良店を利用することが、今すぐ現金が欲しい人が使える抜け道となるでしょう。

まとめ

利用停止のリスクのまとめ
クレジットカード現金化を利用して、カードが停止してしまったという人は決して少なくありません。

法律違反ではないとはいえ、何かあれば大変な目に遭うこともあるというのは否定できない事実でしょう。

しかし、可能性ならやり方次第でいくらでも減らすことができます。

これから法の解釈が変わり、カードが利用停止になることもありますので絶対にとは言えませんが、この方法を用いて利用停止になってしまったという人は聞いたことがありませんので、安全な現金化だと言ってもいいでしょう。

自分がカード会社だったとしてどんな取引が怪しいと感じるか、第三者目線で考えることが現金化では重要なことです。

カード会社にバレないクレジットカード現金化をこの裏ワザを参考にして利用してみてください。

クレジットカード現金化の真相TOPに戻る