適正な現金化の換金率を心得る

現金化 換金率

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お金が欲しい時に活用されることが多くなったクレジットカードのショッピング枠現金化でありますが、どの比較サイトを見ていただきましても各現金化業者の換金率は異なっておりどれを選んだら良いか悩んでしまうのではないでしょうか。

クレジット現金化をするのであれば少しでも多くのお金を手に入れたいと思うのは当然のことであります。

高還元率表示となっていたので申込みをしてみたものの、実際手続をすると表記されている数字とはかけ離れていたということがあるようです。

取引をするクレジットカード現金化業者によって換金率は大幅に異なります。

適切な現金化の換金率を心得ていただければご納得の契約ができることでしょう。

現金化の換金率は使用するショッピング枠で左右される

現金化 換金率
クレジットカード現金化で還元率を高くしたいのであればどの業者を選ぶにしても使うショッピング枠が多くなければいけません。

逆を言えば利用するショッピング枠が少ないと還元率が低くなるというわけです。

現金化の換金率は使用するショッピング枠で左右されます。

少額の取引は換金率は期待できない

現金化 換金率

カード会社への返済も考えてクレジット現金化をすると思われますが、お手元に振り込まれる額面は少なめだったり費やすショッピング枠が少ないと換金率はやや低めとなるでしょう。

送金額9万円以下もしくは使うショッピング額10万円未満はキャッシュバック率75%から70%代と思われます。

それ以下の少額の取引は換金率が期待できません。

カード会社へのお支払いがご負担にならないのであればできるだけ多くショッピング枠を使っていただけると高換金率が見込めるでしょう。

高還元率でも95%以上は嘘

現金化 換金率

クレジットカード現金化で還元率を高くしたいのであれば多額のショッピング枠を使えば良いのです。

20万円分以上なら還元率85%以上は業者側も見積もってくれることだと思いますが、お店によっては収益目的により換金率が低く提示してくることもあります。

また、高換金率を謳っている業者の数字にも注意してください。

使用するショッピング枠が多額になるにつれて換金率が高くなるのは事実ではありますが限度があります。

高還元率でも95%以上は嘘です。

この数字で対応したとなると現金化業者の収益は薄利どころか赤字になりますからあり得ません。

取引業者によって手数料が異なる

現金化 換金率
クレジットカード現金化の換金率は契約を交わす業者によって変わるのはどうしてなのでしょうか。

取引業者によって手数料が異なるから換金率に差が出るのです。

不透明な料金を差し引こうと企んでいることもあり利用者は取引前に手数料がかかるのか明確にしておく必要があります。

その他にも消費税がかかるのかどうかということも定かにしていかなければいけません。

消費税はクレジット現金化の換金率を大きく決定づけるもので送金額に差が出てきます。

仮に20万円の販売品を購入すると85%であれば17万円が現金化されますが、消費税8%分がかかるのであればクレジット決済をする際に1万6千円が余分にかかってしまい実質の還元率は78.7%となるのです。

また、決済費用だけでなく消費税分を送金額から差し引く業者もいて15万4千円が振り込まれ換金率でいうと77%まで下がってしまいます。

結論

現金化 換金率
クレジットカード現金化の換金率は業者のやり口によって大きく差が出てしまうことは明らかといことがわかります。

換金率の相場がないので現金化業者によって決定付けられたら従うほかありませんが必ずしも契約交渉をしなければいけないというわけではないのでご納得出来ない場合は取引をしなければ良いだけのことです。

使用するショッピング枠が多額であれば高換金率設定となり少額であると還元率は低くなってしまうというのは明らかなようです。

ちょっとしかショッピング枠を使わないのでしたらキャッシングをした方が良いかもしれませんね。