知らないと危険!クレジットカード現金化のデメリット5選

クレジットカード現金化のデメリット

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

今や知らない人が少ないのではないかと思われる資金調達法といえば、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。

クレジットカード現金化は当日中にお金の手配ができる金策ということで今すぐ資金繰りをしたい方には打ってつけの取引と言えるでしょう。

その他にも、クレジットカード現金化にはメリットが多く手頃に資金調達ができます。

しかし、クレジットカード現金化はデメリットもたくさんあるということも事実です。

今回は、知らないと危険!クレジットカード現金化のデメリット5つをあげてみました。

クレジットカードが利用停止になるかもしれない

クレジットカード現金化のデメリット

カードのショッピング枠を使った現金化はクレジット信販会社の利用規約違反を犯して資金調達を致しますので、本来はやってはいけない行為です。

よって、ショッピング枠を使って現金化をしますとクレジットカードが利用停止になるかもしれません。

クレジット現金化をした時点でカードが使えなくなるというわけではありませんが、信販会社に資金繰りのためにショッピング枠を使用したことがばれればクレジットカードの利用ができなくなるでしょう。

クレジットカード現金化は契約する店舗によって取引方法が異なります。

買取方式では換金性の高い商品をクレジット決済にてお買い求めていただき購入した品物を現金化業者が換金することでお金の手配ができるのです。

カード会社は換金性の高い物をクレジット決済で買う人に対して現金化目的にショッピングしているのではないかと疑念を抱きます。

普段、カードで買物をしていないのにその日ばかりはショッピング枠残高分全てを使い切ってブランド品を買おうとしていたらクレジット信販会社は換金目的で商品を手に入れようとしているのではないかと不審がるでしょう。

特に換金性の高い商品の代名詞として新幹線の回数券があげられますがカードで買うことを許可される人は少なく、購入できたとしても一時的に利用停止にされたり利用できるショッピング枠が制限されてしまうかもしれません。

使用するカードによっては新幹線の乗車券やルイ・ヴィトン等の換金性の高い物をクレジット決済で購入した時点で現金化目的でショッピング枠を使ったと勝手に判断することもあります。

そうなれば、お持ちのクレジットカードは今後使えなくなってしまうのです。

ショッピング枠現金化でカードの利用停止にならない為の秘訣
ショッピング枠現金化でカードの利用停止にならない為の秘訣
違法性が高い資金策としてクレジットカード現金化は問題視されていますが、利用者が逮捕されていない現状が続いております。 ショッピング枠現...

支払い方法が選べない

クレジットカード現金化のデメリット
クレジットカード現金化の取引では買取方式以外にもキャッシュバック方式があります。

キャッシュバック方式は契約を交わす現金化業者が指定するオンラインショップでクレジット決済を行い商品を買われた特典としてお金が振込まれる仕組みです。

現金化業者は世間では信用のない企業ですから自社端末を導入することができませんので決済代行会社と提携して運営をしております。

キャッシュバック方式の現金化業者と契約を交わすということは決済代行会社の端末を通してカードを切り金銭の工面ができるということです。

しかし、キャッシュバック方式の現金化業者でオンライン決済を行いますと、海外でショッピングをしたことになりますので支払い方法が選べず余儀なく一括払いとなります。

1、2万円程度の買物であれば1回でカード会社への支払いは負担を感じることはないでしょうが2ケタ以上の何十万円もの支払いをクレジット会社に返済するとなれば話は別です。

親切なキャッシュバック方式の現金化業者の取引であれば後からリボ払いが可能なことを教えてくれますが、大半の店舗は契約さえしてしまえば利用者に対してのアフターケア等はしないでしょう。

キャッシュバック方式の現金化では後日リボ払いに変えることは可能ですが、分割払いを選ぶことができませんのでクレジット会社に支払い変更を届け出ないと一括払いのままとなってしまいます。

悪質現金化業者との取引になるかもしれない

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化に限らず取引事は悪徳業者の手によって災難に見舞われる人も出てくるでしょう。

どの業界でもありがちな悪徳業者はクレジットカード現金化にも潜んでおり悪質店によって騙されてしまった被害者が続出しています。

悪質現金化業者が契約者を陥れる被害内容は様々で、特に多いのが銀行口座に振込まれていた額面が言われていた通りではなかったということがあげられるでしょう。

クレジットカード現金化業者の公式ホームを訪問していただきますと換金率表記がされておりますが、掲載されている通りの数値では契約することができないと予想されます。

何故なら、先程キャッシュバック方式の現金化業者との契約では海外決済を通してカードを切るとご説明しましたが、この際決済手数料が差し引かれますので実質の換金率はホームページに記載されている数値よりも低くなります。

しかし、決済手数料と申しましても費用は業者のさじ加減で決められてしまうことが多く、悪徳現金化業者ですと過剰な料金を振込み代金から差し引かれることになり実質換金率は公式ホームに表記されている数値よりも随分と低く見積もられてしまうのです。

その他にも悪徳現金化業者は振込代金を一回で全て送金せず数回に分けて入金手続きを行なうことがあります。

仮に送金代金が10万円ですと一度目に振込まれる額面は8万円程度となっており、残りの2万円の入金は契約者から依頼がないとそのままネコババする現金化業者もいるのです。

利用者は初回に入金されたことが確認できますと安心しきってしまい残りの送金代金のことを忘れてしまいがちで、悪徳業者からしますと大変好都合です。

あなたも知らず知らず、悪質現金化業者との取引になるかもしれません。

カード現金化の悪質業者を見破れ
カード現金化の悪質業者を見破れ
クリーンな印象がない資金策としてカード現金化は見られていますので、闇金業者の類にとらわれていることでしょう。 イメージが悪い資金策であ...

小額現金を手に入れるならキャッシング枠を利用すべき

クレジットカード現金化のデメリット
クレジット現金化はカードのショッピング枠残高範囲内であれば上限額がございません。

しかし、小額現金を手に入れるならキャッシング枠を利用すべきです。

クレジットカード現金化は使用するショッピング枠が小額になるに連れて換金率は低くなりますから、1万から2万円程度の金銭の工面をするならばキャッシング枠を使った方がお得と言えるでしょう。

つまり、低額のショッピング枠現金化ですと低換金率になるわけです。

1万円を手に入れるためクレジット現金化をしますと使用するショッピング枠は2万円以上となると見込まれます。

カード会社への支払いは2万円もしくはそれ以上返済をしなくてはなりませんが、キャッシング枠を使って2万円借入をした場合はクレジット信販会社への返済は借りた額面だけで良いのです。

小額現金を手に入れる場合、どちらの方法で資金調達した方が良いかが歴然としています。

キャッシング枠が付帯されていないカードをお持ちの方でしたら少額のお金を手に入れることはショッピング枠現金化の方が都合が良いかもしれません。

100%の換金率は不可能

クレジットカード現金化のデメリット
クレジットカード現金化を利用する人達は真っ先に換金率が高いお店をネットで探し出し少しでも数値が高い店舗と契約交渉を行うことでしょう。

しかし、ショッピング枠現金化では先程も申しましたように取引の際クレジット決済手数料が差し引かれることになりますので公式ホームに表記されている換金率通りに契約はできません。

現金化業者の収益は換金率が低くなるに連れて利幅が大きくなりますのでできるだけ低い数値で契約交渉を持ちかけてくることでしょう。

利益しか追求しない現金化業者が多いので上手い口実で言い包められたりしてしまうこともあり、実質換金率が非常に低くなってしまったという人もいます。

現金化をしたい人はできるだけ換金率を高く、サービス提供側はできるだけ低く契約をしたいと考えますので折り合いが取るのが難しいのではないでしょうか。

こうなりますとどちらかが妥協することになりますが、収益にこだわる現金化業者が換金率を高く見積もってくれることはないでしょう。

ましてや100%の換金率は不可能です。

まとめ

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化にはデメリットが多いことがお分かりいただけたかと思います。

ショッピング枠を使って買取方式の現金化をする場合は換金性の高い商品ばかりを買ってしまうとクレジットカードが使用できなくなってしまうかもしれません。

キャッシュバック方式の現金化業者との取引は一括か後からリボ払いでしかカード会社に支払いをする方法がないということをお忘れなく。

クレジットカード現金化には悪質店がいるので利用の際は警戒しなくてはいけません。

手配する額面によってはショッピング枠を使って現金化をするよりキャッシング枠を利用して借入をした方がお得です。

クレジットカード現金化は換金率100%で契約することは不可能で、どの店舗でも出せない数値となっています。

以上述べたことがクレジットカード現金化のデメリット5選となりますが、悪質現金化業者との契約にはならないようくれぐれもお気をつけください。