クレジットカード現金化は分割払いがままならない

クレジット 現金化 分割

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

日常で利用されているクレジットカードでショッピングをする際は支払い方法はご本人様が決定付けることが可能です。

一括もしくは二回払いまででしたら金利もかからず返済ができますが、それ以上の分割やリボ払いは利息がかかります。

クレジットカード現金化も通常のショッピングと変わりはございませんのでご返済方法は選ぶことができますが、キャッシュバック方式を用いている業者との取引ですと一括払いを余儀なくされてしまうことがあるのです。

クレジットカード現金化は分割払いがままならない資金策なのでしょうか?

契約を交わす現金化業者によっては支払い方法が選べない

クレジット 現金化 分割

クレジットカード現金化を利用したいと検討されている人は支払いのことを考えた上で申し込みをすることでしょう。

取引業者から自分の銀行口座へ振込まれて取引はほぼ完了とはなりますが、利用者はカード会社への返済を行なわなければいけませんのでむやみにお金目当てに契約をしますと支払いが途方にくれてしまいます。

そんな状況に陥らない為にもカード会社への返済は怠らない程度に計画を立てなくてはなりません。

ネットで隈なく現金化業者のことを調べ上げやっとのことで利用する店舗の選考ができたにも関わらず支払いが思うようにできないことを知り使うことを断念された人がいるのではないでしょうか。

契約を交わす現金化業者によっては支払い方法が選べないことがあり一括払いのみしか選択肢がないのです。

分割で払おうと考えている人には無理難題となってしまうでしょう。

キャッシュバック方式の業者との取引で分割払いはできない

クレジット 現金化 分割

クレジット現金化で分割払いができるというのは嘘なのでしょうか?

実際に利用されている人の中には返済方法は自由に選んで現金化業者と契約をしたと仰る方もいるでしょう。

では、ショッピング枠現金化をする上でカード会社への返済が思い通りにいかない訳を検証します。

クレジットカード現金化ではキャッシュバック方式がございますが、この方法は業者が導入している端末でクレジット決済をすることになるのですが海外のルートを通している為一括払いしかできないのです。

ご利用された方ならお分かりですがカード会社からお届きになる利用明細書をご覧になりますと、「xxxx–pude1548936–xxwrvhhoyuippp-o1589hruu」というようにパスワードの様な文字が綴られています。

こういった購入先は海外決済における手続きとなりカード会社への支払い方法は選ぶことができません。

キャッシュバック方式の業者との取引で分割払いはできないのです。

後からリボ払いができる

クレジット 現金化 分割

キャッシュバック方式を用いている現金化業者、もしくは海外ラインを携えている店舗でのクレジット決済は一括払いを覚悟の上で利用しなくてはならないのでしょうか?

そんなことはなく後からリボ払いならできます。

どんなクレカのショッピングでも後からリボ払いに変更することは可能ですので、一括払いを宣告されてしまうキャッシュバック方式の現金化業者でオンライン決済をしても後ほどカード会社へお問い合わせをすれば切り替えることが可能です。

ポイントは決められている締め日前に変更手続きをすることで決してクレジット現金化目的に買物をしたことをカード会社には口外しないこと。

クレカでショッピングしたデータは当日にカード会社に上がってくるわけではないので購入後すぐにカード会社へ連絡するのではなく2,3日後に伝達してください。

このようなことに注意をしていただければクレジット現金化の分割での支払いとはなりませんが返済方法はなんとか変えられます。