現金化の体験談で最も多いのは詐欺に遭った人の実話

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

クレジットカード現金化を利用する人が取引業者を選定する際、情報収集として体験談を参考にしているのではないでしょうか。

その他にも口コミ比較サイトもありますが、運営会社が現金化業者から宣伝費をもらいアフィリエイト広告をしているので、事実無根のことが書き綴られているので見る価値がありません。

その点、現金化の体験談は現実に起こったことを元に話をしているので、多少オーバーに表現していることもありますが、事実を述べられています。

現金化の体験談で最も多いのは詐欺に遭った人の実話です。

カード現金化では悪徳業者が存在している

現金化 体験談

クレジット現金化といえばグレーゾーンの資金調達法として世に出ていますが、カードのショッピング枠残高さえあれば誰でも利用できるので未だに人気が衰えていません。

来店型の店舗もありますが、来店や審査が不要なので手っ取り早い資金策ということから利用者の数が減らないのでしょう。

現金化を利用する人が増えるに連れて新店舗も続々出店しますが、全てのお店が優良店というわけではありませんので、取引をする際には注意しなくてはいけないことがあります。

カード現金化では悪徳業者が存在していますので、自分は絶対に遭遇しないと過信している人ほど詐欺に遭ってしまい悲惨な状況に陥ることでしょう。

どの企業でも悪徳業者がいるのはありがちなことですが、クレジットカード現金化においてはいろんな詐欺被害が出ており、実際に警察に逮捕されている店舗もあります。

悪質現金化業者の手口は見破りやすい

現金化 体験談

悪徳業者と聞きますと手口が巧妙で詐欺に遭う人は、随分と時間が経ってから騙されたことに気が付き警察に被害届を出します。

クレジットカード現金化の取引業者にいっぱい食わされる方もいますが、調査をしてみた結果、被害者はそれほど多くはなく詐欺に遭った人は少ないようです。

それは、悪質現金化業者の手口は見破りやすいからだと思います。

クレジット現金化では、取引業者に提出しなくてはいけない物は身分証明証を写メールで送るだけですからカードや個人情報を提示してくれというお店に対しては不審に思う人が多いので渡しません。

ショッピング枠現金化では、クレジットカードを不正利用されたり個人情報が流出されるといった出来事は日常茶飯事起きているわけではないのです。

複数回の送金手配をするお店であった詐欺被害

現金化 体験談

カード現金化で詐欺に遭った人はどのような手口で業者に騙されたのでしょうか。

現金化の体験談では利用経験者の実話を拝見することができますが、内容は様々で悪徳業者との取引をしてしまった人の苦い経験も掲載されています。

ショッピング枠現金化は店舗ごとに取引方法だけでなく換金率や入金時間が異なりますが、送金回数は一回の契約に対して全て振込まれるというのが共通点です。

契約を交わす上で指定の銀行口座への二回以上になるというのはありえません。

クレジットカード現金化の体験談で複数回の送金手配をするお店であった詐欺被害は、頻繁的ではありませんが稀に見ることがあります。

送金回数が二回以上になるのは悪徳現金化業者

現金化 体験談

現金化の体験談では、取引業者から送金されるはずの額面が全て着金されていないだったり、振込み回数を分けられたが未だに全額入金されていない等の体験話が見れます。

通常、クレジットカード現金化の契約では一度の取引に対して全額送金となりますので、送金回数が二回以上になるのは悪徳現金化業者であること間違いありません。

一度目の送金はすぐにされるのですが、二度目が中々入金されていないということがあり、何度も催促の電話をしても話をはぐらかされ結局送金がされない手口があります。

明らかに利用者は騙されたと思いますが、ショッピング枠現金化はカード会社の利用規約違反を犯しているので当事者は泣き寝入りをしてしまうようです。

これはれっきとした犯罪ですから、クレジット信販会社の利用規約を破っているとはいえ悪質現金化業者を野放しにしておいてはいけません。

所有されているカードが利用停止になることは免れませんが、クレジット現金化で詐欺に遭ったら迷わず警察に被害届を出してください。