結婚式の資金繰りの為に現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

資金繰りをしなくてはならない時に手頃にお金の手配ができるのがカードの現金化です。

しかし、ショッピング枠を使った現金化では悪質業者によって騙されてしまった人も多く詐欺被害が多発しており後悔している人も多いことでしょう。

クレジットカード現金化では利用者の体験談が綴られているサイトがありますが、業者に騙された人の口コミも見てみますと具体的なことが書かれていることがあります。

今回は、結婚式の資金繰りの為に現金化をしたが騙されてしまった人の体験談を下にどんな手口であったのかお話しましょう。

高換金率で現金化ができるという話に食いついてしまった

現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

今からお話しすることは半年以上前にクレジットカード現金化を初めて利用した方の体験談を再現によるものです。

東京都在住のYさんが自身の結婚式費用の用立ての為にショッピング枠現金化をしたのですが悪質業者によって騙されてしまい、カード会社への返済が大分残ってしまいました。

この方は、まとまった資金が必要だったということもあり高換金率を提示している現金化業者を探していたようなのです。

クレジットカード現金化は経験が無く知識も備えていない状況でしたので悪質業者による被害があることを知りませんでした。

その為、高換金率で現金化ができるという話に食いついてしまったのが原因で悪質業者に騙されてしまったのです。

現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎない
現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎない
皆様がクレジットカード現金化をする時は取引業者の選考から始めますが、気になるのが提示されている換金率ではないでしょうか。 現金化業者が...

換金率90%以上で現金化はできない

現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

今回、この方は結婚式と披露宴や引出物の費用を合わせて300万円用立てたいと考えており200万円はご自身の貯金やご家族からの援助で工面はできていたのです。

しかし、残り100万円は支払期日までに間に合わないと思い資金繰りを考えていましたが消費者金融での借入れは断られてしまい途方に暮れていました。

通勤先から帰宅途中で「カードでお金」の看板を見かけ何のことだかさっぱり分かっていなかったのでしたが、自宅に帰りネット検索してみますとクレジットカードのショッピング枠で現金化ができることを知ったのです。

自身でもクレジットカードは何枚か所有したこともあり、早速取引業者の選定をし申込みをしたようなのですが選んだ理由は換金率が95%だったからということなのですが、この選考基準は誤っています。

なぜなら、換金率90%以上で現金化はできないからです。

カードの銘柄により換金率を引き下げられる

現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

Yさんはキャッシュバック方式の現金化業者に申出をしたようで、身分証明以外にクレジットカード情報も携帯電話の写メールで画像を送信してしまいました。

クレジットカードの安全面に関して疎くお金の工面ができるならと思い現金化業者に言われるがまま指示に従ってしまったのです。

これが、悲劇の始まりとなりました。

今回、YさんはニコスのVISAとアプラスのJCBを利用して現金化を希望していて両方ともショッピング枠は50万円残っていたので換金率90%であれば90万円手に入るものだと想定していたのですが、取引業者からは通常に手続きができないと言われカードの銘柄により換金率を引き下げられてしまったのです。

借金だけが多くなってしまった

現金化をしたが騙されてしまった人の体験談

現金化業者の言い分はどのカードでクレジット決済を行ったとしても手数料が掛かるということでVISAカードは換金率70%まで引き下げられ35万円分しか送金できないとのことでした。

一方、JCBは国内発行のカードだということでクレジット会社がうるさいとのことでVISAとMASTERに比べ手数料がやや高めとの理由で換金率60%ということで30万円しか手に入れることができませんでした。

結果、合計しますと65万円が手元に入金され実質換金率はと72.2%になるのです。

キャッシュバック方式の現金化業者との契約は海外決済となるので、支払い方法を選ぶことができず一括返済を余儀なくされることになります。

但し、後日リボ払いに変更することが可能です。

Yさんは足りない結婚式の費用を現金化で間に合わすことができず残りの資金を勤め先の社長から借金したそうですが、毎月カード会社と上司への返済で苦労したと語ってくれました。

現金化をすると借金だけが多くなってしまったと後悔もしていました。

おいしい話には落とし穴があると言われているようにクレジットカード現金化では悪質業者が罠を仕掛けていることが多いので、契約する店舗の情報は事前に集めておくと良いでしょう。