えっ!マジ!?現金化したら債務整理ってできないの?

クレジットカード 現金化 債務整理

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ショッピングをしている際に思わぬお気に入りの商品を見つけはしたが現金の持ち合わせが無い時に便利なのがクレジットカードです。

クレカをご利用すればお金が無くてもカード会社が代金を肩代わりしてくれるので返済日に使用したショッピング額分を支払わなければなりません。

クレジットカードは使いすぎてしまいますと支払いが行き詰まってしまい滞納してしまいがちですので計画的に使う必要があります。

未払いが続いてしまいますとカード会社から厳しい督促をされ精神的にも疲れてしまうことになることでしょう。

そういう人達が行き着く場所は法律弁護士事務所です。

債務整理手続きをして新たな気持ちで生活を送るという方もいらっしゃいますが、信用機関情報に名前を残すことになり借金をすることなどはしばらくの間できません。

クレジットカード現金化でも同様に法律事務所に伺う方がいらっしゃいますが弁護士先生の中には耳を傾けてくれないこともあります。

この資金調達法をご利用された場合は「えっ!マジ!?現金化したら債務整理ってできないの?」と落胆される人が多いです。

ショッピング枠現金化をした人に関しては債務整理ができないというのは本当なのでしょうか。

本来はカードで現金化することはいけないこと

クレジットカード 現金化 債務整理
クレジットカード現金化は犯罪行為ではないことから利用している人が多くなってきました。

グレーゾーンとも呼ばれているのにも関わらず現金化をしても警察に捕まることが無いので利用者は増えているのだと思います。

ショッピング枠現金化は早くお金を手に入れるだけでなくクレカをお持ちであれば誰でも利用できるので手頃な資金策です。

本来はカードで現金化することはいけないことということはご存知でしたか?

インターネットや街中にも看板を掲げて堂々と広告をされてはいますがクレジットカードのショッピング枠を使用してお金を手に入れる行為は禁止されています。

カード会社はショッピング枠を使用して現金を手に入れる行為を認めていません。

また、消費者庁もクレジットカード現金化をすることはしないでくれと強く呼びかけております。

現金化をしたら債務整理はできない

クレジットカード 現金化 債務整理
カード会社は現金化をすることを許してはいませんがお金に糸目をつけない方は現金化をすることを止めません。

カード会社の制止を振り切ってショッピング枠現金化をする人の中には自分勝手な方が目立ちます。

クレジット現金化をしても債務整理してしまえばカード会社への返済はチャラにできると考えている人が多く、ブラックリストに名前が載ってしまうことを何とも思っていないのです。

浅はかな考えをお持ちではありますが、そんな甘い主張は通用せず現金化をしたら債務整理はできません。

クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を入手することはご法度な資金繰りということから、支払いを逃れることはできないということなのでしょう。

クレジットカード現金化をした後に債務整理ができないのには訳がありますので、その理由をお教えいたします。

現金化は免責不許可事由に該当

クレジットカード 現金化 債務整理
クレジットカードのショッピング枠を使用して現金化をしたら債務整理ができない理由は免責不許可事由に該当するからです。

免責とは借金をした後の返済を免除してもらうことを言います。

ギャンブルやキャバクラといったカードの利用目的は免責は認められることがありません。

要するに浪費を原因とした借金は返済から開放されることが無いのです。

但し、免責不許可事由に相当する借金を作ってしまったとしても、裁判所から異例ではありますが配当の指示がされることはあります。

クレジット現金化をしたらきっちりとカード会社への返済をしなくてはいけないということを肝に免じておけばこんな大事にはならなくて済むことです。

自分の私利私欲で作った借金を何も無かったことのようにしている人の考えは理解しかねます。

クレジットカード現金化をして債務整理をしちゃえば良いと軽率な考えのお持ちの方は利用してはいけません。