暗証番号を聞き出す現金化業者もいるので要注意

現金化 暗証番号

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

休日ショッピングをする時は思わぬ出費が重なってしまうことがありますが、現金の持ち合わせが無くてもクレジットカードさえあれば買いたい商品を購入することができます。

クレジットカードは、名義人本人のみが所有していなければならない物で、ご家族であっても使用することは利用規約によって禁じられているのです。

クレジットカードを使用する前にはショッピング残高の確認をしますが暗証番号が必要になり、他にもキャッシングをする時にも必須となります。

暗証番号はとても重要な物ですのでしっかりと自身で管理しておかなければなりませんし、他人に口外することもしないでください。

クレジットカードは買物やお金を借りる時に使用できる便利なアイテムですが、それ以外にも現金化をすることもでき活用する機会が増えています。

現金化のご契約の際は、暗証番号を聞き出す現金化業者もいるので要注意です!

現金化の取引はカードの暗証番号は要らない

現金化 暗証番号
ショッピング枠現金化はイメージが悪い資金策として見られているので、クレカが悪用されないかと不安がちですが、取引上カード情報を教えることは一切ございません。

クレジットカード現金化と言われているので、何かクレカのデータを渡さなければいけないと思われている人もいますが、この資金策では不正利用防止の為身分証明書さえあれば良いのです。

現金化業者によってはその他の個人情報を請求することはありますが、クレジットカードについての報告は不要となりますので、要求されても教えないでください。

当然ですが、現金化の取引はカードの暗証番号は要りません。

暗証番号は自分だけが知っていれば良い

現金化 暗証番号
クレジット現金化は第三者がカードについて何か知る必要も無くお金を手に入れることができますので、取引する側に提供する情報は身分証明書のみで良いのです。

クレジットカード現金化で、一番狙われやすい情報は暗証番号ではないでしょうか。

この情報が現金化業者に知れ渡ってしまいますと不正利用されてしまう恐れがありますので、どんなことがあっても教えることはしないでください。

暗証番号を使う時というのは、カードのショッピング枠の残高確認やキャッシングをする際の引出しの時のみと言っても過言ではありません。

暗証番号は自分だけが知っていれば良いのです。

セキュリティコードを求める現金化業者も注意!

現金化 暗証番号
先程からカードの暗証番号は漏らすな!と言っておりますが、相当無頓着な方でなければ現金化業者には教えないと思うのですが、セキュリティコードを伝えてしまう人はいるかもしれません。

セキュリティコードは、カードの裏面の書名欄に記されている3桁の番号のことですが、暗証番号よりこの情報を詐取する現金化サイトが増えています。

カード番号や有効期限が分かったとしてもセキュリティコードが分かりませんと使うことができません。

昔から不正利用防止の為だからと言って騙し取る悪質現金化業者が多く、カードの裏面の番号はどんな役割りをするのか存じていない方が多いので教えてしまうのです。

セキュリティコードを求める現金化業者も注意です!

まとめ

現金化 暗証番号
クレジット現金化の契約で取引業者に提示しなくてはならない物は身分証明書のみとなっており、カード情報は一切必要ありません。

暗証番号はもちろんのこと、セキュリティコードも現金化業者に提供する必要もありませんので、どんな事情があっても教えないでください。

この二点は本人のみが知っていれば良い情報ですので、第三者には知られますと悪用される恐れがあります。