現金化サイトの最大値の換金率には要注意!

現金化 換金率

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クレジットカードが運営する公式サイトを見ると最大98%や最高96%などの表記を見ることがあります。

しかし、これらの表記はあくまでも最大値の数字なので、実際の還元率は手数料など差し引かれもっと低くなる可能性がございます。

還元率の表記は優良業者か見極める為の、重要なポイントにもなってくるので、今回のテーマはクレジットの現金化業者の換金率の仕組みについて解説していきます。

現金化業者にも決済手数料が発生する

現金化業者 決済手数料

クレジットカード現金化業者にも決済手数料というものが発生することはご存知でしたか?

例えば、キャバクラや飲食店などで食事をした際、カード決済の場合ですと10%かかりますなどと言われたことが一度はあるかと思います。

このように現金化サービスを行う業者にも決済手数料というものが発生し、決済を管理しているクレジット決済代行会社に決済額の3%~13%ほどを支払わなければいけません。

従って業者がかがげている最大98%などの高還元率の表記は絶対にありえませんので、高設定の表記の業者ほど、実際はもっと低くなる可能性があるので注意が必要なのです。

最大98%などの表記は誇大広告

現金化 誇大広告

上記でもお話しさせてもらったように最大98%などの換金率は絶対にありえませんし、あくまでも最大値の数字なので惑わされていけません。

このように最大、最高、などは客引きのための誇大広告にすぎないので、業者の公式サイトなどに高換金で宣伝されている業者がいたら、まずその業者は避けるべきでしょう。

では、どのような業者が真実の換金率でまともな業者なのかお教え致します。

例えば1万円~10万円の利用で80%の表記をしている業者がいたとします。

簡単に計算すると、10万円の決済で手元に8万円が振り込まれる仕組みになりますが、実はこの還元率こそ業界水準のパーセンテージとなります。

従って正直に8割で表記している業者は嘘偽りがない誠実な業者といえまので、個人的ですが、8割以上で現金化してもらえるなら優良業者といえるのではないでしょうか?

80%以下の業者でも悪質業者までといいませんが、できれば1万円~10万円までの利用なら8割以上の業者を選びたいものです。

中には最大90%以上で客を釣っている業者で、申し込んでみたら実際は60%台だったなんて話もよく聞きますので、くれぐれも最大98%などの表記にはご注意ください。

業者の見極めなら口コミを参考に

口コミを参考にする

還元率の表記などについておおよそお分かり頂けたと思いますが、カード現金化の初心者の方などは、それでも業者の見極め方ができない方も多くいるかと思います。

そんあ時は、クレジットカード現金化の口コミサイトなどの体験者のレビューなどを参考にすると、その業者の評判などが分かりますのでチェックしてみてください。

体験者なら実際に利用しているので、真実の換金率がお分かり頂けるとおもいます。

ネット上の口コミなども参考にしてみると、その業者の特徴など様々な情報が得られるので、口コミサイトも有効に活用するようにしましょう!