業者の誇大広告にはうんざり!最短5分のスピード入金は真っ赤なウソ!

現金化業者の誇大広告にうんざり!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

初めてクレジットカード現金化を利用する人はネットを使って情報収集をしてから契約に臨み、経験者も色んな角度から情報を探り出すのではないでしょうか。

手に入れた情報をもとに取引店舗を選定し現金化業者と契約交渉を行います。

しかし、入手した情報とは打って変わった内容でクレジットカード現金化の取引を強いられてしまった人もいるのではないでしょうか。

ショッピング枠現金化を利用する人は、とにかく早くお金を工面したがる人が多いので送金時間が早いと宣伝している店舗には魅了されてしまいますが、契約をしても一向に銀行口座に入金されません。

これは、現金化業者が謳い文句として申込みをしてもらう為の過剰な宣伝をしているだけで真っ赤なウソです。

即日最短5分送金はありえない

業者の誇大広告にはうんざり!

クレジットカード現金化をしたい時は業者のホームページを訪問し、どんなサービスを提供しているのか調べることでしょう。

各現金化業者の公式ホームのデザインや構成はそれぞれ違っており、サービス内容も異なっておりますので店舗ごとに比較される方が多いのではないでしょうか。

ショッピング枠現金化を利用する人の大半はお急ぎでお金を用立てたいと希望しているので、数分で送金手配ができることが表記されていますと飛びつく勢いで申込みをしてしまいます。

しかし、ご新規様が初回のお取引で数分程度で現金を手配することは不可能です。

クレジットカード現金化の取引はお申込みから始めていただき、ご本人様確認をしてからクレジット決済を行い認証ができてから契約者様名義の銀行口座へ送金されます。

現金化までは、それなりの所要時間を設けますので即日最短5分送金はありえません。

現金化の取引で送金までは早くても1時間

業者の誇大広告にはうんざり!

クレジットカード現金化は業者と交渉の上、契約が成立しますと金銭の工面ができます。

但し、契約までには手続きをしていただかないと資金調達することができません。

現金化を依頼する人は申込みから銀行口座に送金されるまでの時間がたった5分と解釈をされている方がいますが、ハッキリ言って無理です。

現金化の取引で送金までは早くても1時間は掛かります。

では、ここでクレジットカード現金化でお金が手配できるまでに60分もの時間が掛かるのか検証してみたいと思いますのでお付き合いください。

現金化業者に申込み

業者の誇大広告にはうんざり!

まずは、契約をしたい現金化業者の選考から始めお気に召した店舗が見つかりましたら公式ホームの申込みフォームから必要事項を入力し送信します。

ご連絡希望時間に担当者からお電話が着信されましたら、現金化業者に申込みをし受付を済ませていただきますが、ここまでに掛かる所要時間は5分程度です。

現金化業者によって申込みの際に聞かれる個人情報は異なりますので5分以上掛かることも考えられます。

必要書類を写メールで提出

業者の誇大広告にはうんざり!

申込みが完了しましたら、現金化の取引をする上で使用されるクレジットカードの名義人様からの依頼ということを確認の為、業者に必要書類を写メールで提出します。

現金化業者が依頼主に請求する書類は以下の通りです。

      身分証明書(運転免許証、保険証、住基カード、パスポートのいずれか)の両面
      ご本様が身分証明書を掲げている状態の自画像
      身分証明書以外に住所が確認できる公的な郵便物

こんなに業者に画像を送らないといけないの?と思われますが、ショッピング枠現金化ではクレジットカードの不正利用防止の為、以上の書類は最低限必要となります。

現金化業者に写メールをしたけれど、画像が見づらかったり不備が出ますと撮り直さなければいけませんので相手に見やすい写真を送りましょう。

カード情報を求めてくる現金化業者は避けよう!
カード情報を求めてくる現金化業者は避けよう!
お金に関する取引には相手側から必要書類を提示されますので利用者は指示通りに提出しなければなりません。 同様にクレジットカード現金化の契...

提出書類を用意し現金化業者に写メするまでに掛かる所要時間は画像を撮ることも踏まえ大体15分から20分位です。

現金化業者が指定するネットショップでクレジット決済

業者の誇大広告にはうんざり!

必要書類を取引先に写メールを送信し現金化業者が確認しましたらクレジット決済を行いますが、その前にカードのショッピング枠残高のご確認をしてください。

ご自身で所有されているクレジットカードの使用できるショッピング枠は把握していると過信されていますが、実際に残っているのは僅かしかないことがあります。

当然、ショッピング枠残高不足のままクレジット決済を行えば失敗しますし使用したカードにも悪い影響が出かねません。

カードのショッピング枠がいくら残っているのか確認してから現金化業者が指定するネットショップでクレジット決済を行います。

オンラインの買物までの時間は必要項目を入力することを考えますとネットに不慣れな人もいますので5分から15分は掛かるでしょう。

更にクレジット侵犯会社が認証するまでの時間を入れますと10分は掛かります。

指定の銀行口座へ入金

業者の誇大広告にはうんざり!

クレジット決済が完了しカード会社が認証しましたら、指定の銀行口座へ入金されます。

銀行口座へ送金されるまでの時間は最短で5分です。

但し、クレジット決済認証後が15時以降になりますと翌銀行営業時間に着金されます。

次の日が土日ですと翌週の月曜日反映入金となりますが、どうしても当日に現金が必要であれば首都主要銀行もしくはネットバンクへ送金手配をしていただくことです。

首都主要銀行のみずほ銀行であれば、平日15時15分までに振込みをしていただきますと当日着金となります。

また、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行ですと最長で18時までに振込みをしますと当日反映送金が可能です。

現金化業者の大半はネットバックを完備しておりますので年中24時間当日送金ができますが、ゆうちょ銀行に関しては5月の大型連休と年末年始にメンテナンスを行いますので休止期間もございます。

どこの銀行口座に送金手配してもらうとしても、結果的に現金化されるまでの入金時間は60分は掛かると思っていてください。

業者の誇大広告にはうんざり!最短5分のスピード入金は真っ赤なウソです!

現金化業者の広告は嘘ばっかり

業者の誇大広告にはうんざり!

先程も述べましたようにカードのショッピング枠現金化はお金が振込まれるまでにはそれなりに時間が掛かることを伝えましたが、宣伝の仕方が過剰になりすぎています。

送金時間以外にも「業界最高水準値98%!」や「新規のお客様に限り1%還元!」等とキャンペーン情報を告知している現金化業者がいますが、いざ契約となると取引内容が大幅に異なることが多いのです。

現金化業者の広告は嘘ばっかりで全くあてになりません。

入金時間を予定に契約に臨んでも結果的に待たされるのであれば現金化をする意味がなくなるだけでなく、無駄な取引をしてしまうことになるでしょう。

クレジットカード現金化業者のホームページを訪問しますと情報公開されていますが、どれも誇大広告ばかりで鵜呑みにしてはいけません。

現金化をするなら業者に直接取引内容を確認すること

業者の誇大広告にはうんざり!

取引しようと考えている現金化業者の宣伝は誇大広告にすぎないということであれば見ても何の意味がありません。

現金化をするなら業者に直接取引内容を確認することが妥当ではないでしょうか。

クレジットカード現金化の宣伝は事実無根であることばかりが情報交換されており先入観にとらわれてしまいます。

しかし、現金化業者から聞きせば的確な情報を得られますので、宣伝とは違っているのであれば契約しなければ良いだけのことです。

中には、曖昧な回答をする現金化業者もいますけれど、それは信頼おけないお店だと解釈できますし悪質店であるかもしれないと判断ができます。

誇大広告をしていると悪質現金化業者だととらえてしまいますが、どの店舗も過剰な宣伝をすることで集客に成功しているのです。