キャンセルできない!させない!違約金を請求してくる悪徳現金化業者とは

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

クレジットカード現金化をする上で最も恐れることは悪徳業者との契約です。

取引事にありがちな悪徳業者はカードのショッピング枠現金化でも存在しています。

悪質現金化業者と遭遇してしまった人は契約を強要された人もいるでしょう。

また、契約解消を申出ると違約金を請求され払った人もいるのではないでしょうか?

現金化業者に無駄なお金を払ってしまった人は大勢

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

クレジットカード現金化の取引は是が非でも悪徳業者との契約は避けなければなりません。

数多くある現金化業者の中には悪質店も紛れていて厄介な存在です。

取引をする現金化業者の選定は慎重に行わなければいけません。

とはいえ、クレジットカード現金化では悪質店により色々な問題が取り沙汰されています。

現金化業者の口車に乗せられ無駄なお金を払ってしまった人が大勢いるのです。

違約金を致し方なく払ってしまった

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

クレジットカード現金化では契約者が取引業者にお金を払う名目は一切ございません。

現金化利用者が取引業者に不可解な理由でお金を振込ませ騙し取っていたのです。

カードのショッピング枠現金化では一時期詐欺被害が続出していました。

悪事はいつまでも続くわけがなく詐欺業者は次々と警察に逮捕されたのです。

ショッピング枠現金化業者の逮捕事例
ショッピング枠現金化業者の逮捕事例
現在、世の中で利用者数が最も多い資金調達法といえばクレジットカードのショッピング枠現金化です。 グレーゾーンとも呼び名が高い資金策だと...

それからというもの、カード現金化では前払いをしなくてはいけないと認識されました。

しかし、違約金を致し方なく払ってしまった人がいるのです。

違約金の請求された理由

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

何度も言いますがカード現金化で利用者から業者にお金を振込むことは一切ありません。

現金化業者に義理立てする必要もないのにお金を振込んでしまったのでしょうか?

まともな名目のついた料金を請求されるとヤバイと思い支払ってしまうのでしょう。

違約金を請求された理由とはどんな事情なのでしょうか?

申し込みをしたからキャンセルできない

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

カード現金化ではクレジット決済が完了しますと契約が成立します。

クレジット決済が終っていない状態では誓約とはなりません。

現金化業者に申込みをしても気が進まないのであればキャンセルすることができます。

悪徳現金化業者に申し込みをしてしまいますと取り止めることができません。

何かしら口実をつけられ不可解な料金を請求されます。

違約金もそれほど高い金額ではないため支払ってしまう人が多いのです。

クレジットカード現金化は申し込みをしたからキャンセルできないことはありません。

クレジット決済後はキャンセルさせない

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

カードのショッピング枠現金化はクレジット決済が完了しませんとお金は振込まれません。

クレジット決済さえできてしまえば現金化業者からの送金を待つだけです。

しかし、悪徳現金化業者はわざと送金手配を遅らせます。

これには魂胆があるのですが、送金を遅くすることで契約者に不安を持たせるのです。

そうなれば、利用者は契約を破棄したいと願い出ます。

悪徳現金化業者は契約者からのキャンセルを待っていたのです。

しかし、クレジット決済が終ったとなれば取り下げてもらわなければいけません。

そこで、悪徳現金化業者はキャンセルをするための高額な違約金を請求するのです。

現金化業者は契約をしても破談になったとしても収益に繋がります。

利用者がどちらを選択したとしてもクレジット決済後はキャンセルさせないのです。

クレジットカード現金化はキャンセルできる

違約金を請求してくる悪徳現金化業者

以上のことから悪徳現金化業者に申込みをした場合は致し方なく契約をしなくてはならないと感じている方は大勢いるでしょう。

そんなことはなく、クレジットカード現金化はキャンセルできます。

現金化業者に申込みをしただけなら何も言いなりになる必要がありません。

クレジット決済をしていない状況なのですから契約はしていません。

仮にカードを切っている状況でもお金が振込まれていないならキャンセルはできます。

クレジット決済を取り消せないことはありません。

現金化業者がカードで切った分を復旧させるのを面倒にしているだけです。

キャンセル依頼を申出れば何も問題ありません。

ただし、相手が悪徳現金化業者ですと相手してくれないことがあります。

そういったときは警察に訴え出ると逆に脅してしまいましょう。