超危険!小切手を使った現金化を行っている業者の実態を暴露

小切手を使った現金化を行っている業者の実態

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

クレジットカードを持っている人に限りますが、ショッピング枠を使った現金化で資金調達を行う人が多くなりました。

クレジットカードにはキャッシング枠も付帯されていますが、使用限度額が少なくそれほど借入もできません。

先程も言ったようにクレジット現金化は本人名義のカードを持っていなければ利用できませんが、ショッピング枠も残っていなければ資金調達はできないのです。

以上の条件が最低限備わっていない場合は、クレジットカードで金策ができません。

今や現金化はクレカ以外でも携帯電話のキャリア決済でできるようにもなったのです。

携帯電話はクレジットカードの所持率と比べて遥かに高いことからキャリア決済現金化の利用者は増えました。

しかし、携帯電話の通話料の延滞や使用状況または機種によって使用できるキャリアは制限され、最高でも10万円分までしか使うことができません。

上記のようなことを踏まえますと、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をするのが妥当と言えるでしょう。

クレジットカード現金化をする人の事情はさまざまで、中には事業主様までが運転資金確保のため利用ようされているケースもあります。

また、法人様の中には会社を運営していく上で、闇金業者から借入をしてまで事業資金を手に入れることもあるようです。

小切手を担保に短い期間での当座決済で返済をするなど、高利貸業者での借入は支払いに追いやられてしまう企業も少なからず、しまいには不渡りを出してしまい倒産となった会社もあります。

現金化業者の中には利益のことだけしか考えず、一般の方にターゲットを向けず事業主様相手にやり取りをする店舗が存在しているのです。

取引の内容も超危険で小切手を使った現金化を行っている業者がいるので実態を暴露しましょう!

法人様限定の現金化を行っている業者がいる

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
クレジットカード現金化業者の店舗数はネット上に溢れかえっており、利用者も年々増えていく一方です。

どの資金調達法よりも手頃という理由からカードのショッピング枠を使って現金化をする人が多いのでしょう。

クレジットカード現金化をする人は、年齢や職業問わずいろいろな方が利用されています。

中には、会社を経営している事業主様もいてクレジット現金化の認知度が高いということが言えるでしょう。

法人様がクレジットカード現金化を利用する理由としては大半が運転資金を用立てたいということからです。

銀行での融資はそう簡単に受けられず、致し方なく法人カードまたは本人名義のクレカで現金化をして資金繰りをする企業も少なくはありません。

どんな方法であろうとお金を用立てられるならと必死になって資金調達している事業主様が多いです。

また、高利貸だということを分かっているにも関わらず闇金業者で借入をする法人様もいて資金確保のためには危険を顧みない経営者もいます。

クレジットカード現金化サービスを行っている業者のプランを見ますと法人様限定キャンペーンを実施していることがあり、事業主の方は特別扱いされていることが多いかもしれません。

稀ではありますが、法人様限定の現金化を行っている業者がいます。

クレジットカードではなく小切手を取り扱っている

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
会社を経営している方たちは取引先との支払いなどのお金のやり取りは現金だけでなく小切手を使うことがあります。

これは、当座預金から引き落としがかかるので会社の生命線にも関わることなのです。

当座預金の残高がある状態でなければいけませんが、経営不振に陥ると金回りが良くありませんから入出金状況が悪いとマイナスになっています。

これが、15時を過ぎますと不渡りになってしまい翌日も同じ状況ですと会社は倒産です。

そうならないためにも、事業主様たちは資金繰りのためには違法を犯さない程度に金策をしています。

その中には、クレジットカード現金化が含まれていますが自営業者様で利用者は多くなりました。

法人様向けのプランとしてクレジットカードでなく小切手を取り扱っている業者が存在するようになったのです。

小切手を使った現金化の取引内容

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
現金化と聞きますとクレジットカードのショッピング枠を使った金策が浮かびますが、小切手を使ったやり取りはどういった取引内容なのでしょうか?

クレジットカード現金化の取引方法にキャッシュバック方式がありますが、業者が指定したオンラインショップでクレジット決済にて買物をし、お金が振り込まれ後日購入品が契約者のもとに届きますので納品し契約が完了です。

このキャッシュバック方式を応用したやり方が小切手の現金化です。

では、小切手を使った現金化業者との取引内容を明かしましょう。

クレジット決済の代わりに小切手を業者に渡す

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
小切手の現金化ではクレジットカードは一切使いません。

その代わりクレジット決済をしないので小切手を業者に渡します。

カード現金化業者と契約の際は指定された額面をクレジット決済を行い認証された時点でお金が振込まれる仕組みです。

小切手の現金化の場合は、本来クレジット決済する額面を手形に書き取引業者にFAXもしくは写メールで現物を見せた後に速達で送ります。

現金化業者に額面が入った小切手が到着次第、指定の銀行口座にお金が振込まれるので多少時間がかかるのです。

支払いは現金化業者へ

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
カード現金化の利用後はクレジット信販会社へ使用したショッピング枠分を返済します。

では、小切手現金化の場合はどこへ返済すれば良いのでしょうか?

小切手の現金化の利用後は送金手配をしてくれた現金化業者の指定の口座へ振込返済です。

果たして、このやり取りは現金化の取引と言えるのでしょうか?

その他のクレジットカード現金化の契約内容と比較すると明らかに異なる点が見られます。

現金化業者はあくまで斡旋を行うだけの仲介役ですから、小切手を取引業者へ預け支払期日に指定の銀行口座へ振込をすること自体が不可解な点なのです。

現金化業者の特典付き商品を小切手で購入しお金が振込まれるところまでは問題がありませんが、お金を返すのであれば総金額分だけでなく手形に書かれた額面になります。

そうなりますと、このやり取りは高利貸付けと判断されてもおかしくはありません。

小切手を使った現金化業者は闇金業者である可能性が高い

小切手を使った現金化を行っている業者の実態
小切手現金化の取引内容を見ていただきましたが、小切手を取引業者に預け期日通りに返済をするというのは闇金業者と同じではないでしょうか?

現金化業者からお金が振り込まれ、着金日から何日か後に指定の銀行口座へ小切手を切った額面を返済するというのは違法貸付です。

現金化業者から振り込まれた額面以上に決められた日に送金するというのは利息を付けた返済と何ら変わりません。

また、指定日に入金確認ができませんと小切手を当座預金へ手回しするなど返済に関しては厳しい状況に追い込みます。

最悪な場合ですと、振込で返済したのにも関わらず当座決済をさせようと小切手を回してくるのです。

これは、明らかに悪質な行為で二重返済をさせようとヤミ金業者がよくやる手口で取り下げてもらえずに支払いをした事業主様が大勢います。

こういった手口で小切手を扱っている事業主たちを陥れようと企んでいる現金化業者は儲かることしか考えていません。

【完全暴露】クレジットカード現金化業者が儲かる仕組みと裏事情を暴く!
【完全暴露】クレジットカード現金化業者が儲かる仕組みと裏事情を暴く!
商売をしている以上、赤字を出さずに運営しなければいけませんが、不景気のせいかどの企業も思ったような経営ができていないのではないでしょうか?...

もしかしたら、小切手を使った現金化業者は闇金業者であるかもしれません。

小切手を使った現金化を行っている業者の実態を暴露しましたが超危険だということがお分かりいただけたかと思います。

当座預金を持っていない人にはまったく関係のないお話だったと思いますが、このような悪質業者も存在しているということを知っていてください。