忠告!現金化で三井住友のカードを使う時は念入りに

現金化 三井住友

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クレジットのショッピング枠現金化はどの種類のカードであってもご本人様名義の物であることを証明できれば利用することが可能です。

クレジット現金化は簡単な手続き短い時間で資金化されるお手頃なサービスではありますが使用されるカードによっては注意しなければいけません。

銀行が発行元となっているクレジットカードは現金化業者もてこずることでしょう。

忠告!現金化で三井住友のカードを使う時は念入りにしてください。

三井住友のカードは現金化で一番厄介

現金化 三井住友

クレジット現金化をしようと業者に申込みをしたのにも関わらず相手側に煙たがられてしまったご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あるいは取り扱いができないとお断りをされたという人もいらっしゃることでしょう。

ちゃんと身分証明書も現金化業者に写メで確認していただいたのにも関わらずクレジットカードのショッピング枠現金化ができなかった理由はどういった点にあったのでしょうか。

カードの不正利用防止の為、名義人様の物と確認できた時に現金化業者が利用希望者からの申出を断る事情で考えられることとすれば三井住友銀行が発行であったということはよくあることです。

取引業者によっては利用停止にされる可能性もある

現金化 三井住友

クレジットカード現金化をする時には契約する業者がキャッシュバック方式の場合は自社が導入しているクレジット決済を行ないます。

現金化業者は決済代行会社と契約していることが多いのですがカードを通しますと海外でショッピングをしたものとみなされるのです。

全ての海外決済がクレジット現金化を目的とした使用とは言い切れませんがカード会社によっては不審な使い方と思い込んでしまうことが多々あります。

中でも三井住友銀行のクレカは現金化業者の端末決済は間違いなくキャッシュバック目当てのショッピングと決めつけてしまうことが非常に多く厄介です。

取引業者によっては利用停止にされる可能性もありますが、三井住友のカードでもたやすくクレジット現金化ができてしまう技術を持っている現金化業者もいます。

技術といってもそれほど大したことではありませんので以下を参考にしてください。

慎重に扱ってくれる業者を慎重に選定すること

現金化 三井住友

クレジット現金化を三井住友銀行のカードでする場合、多額のクレジット決済を一度にしなければ支障が出ることはありません。

仮に三井住友のVisaカードでショッピング枠15万円分のクレジット決済を行ないたい場合、現金化業者は希望額を一回で全て会計せず8万5千円と6万5千円に分けることでしょう。

このカードのように「4980」から始まる種類は8万6千円以上のクレジット決済には過敏に反応し利用停止と繋がってしまう恐れがありますので上記の額面のようにして手続を行なえばスムーズにいきます。

巨額になるにつれてカードを切る回数が多くなり金額も同額に決済にならないように分けなくてはいけません。

他の種類のカードと違って現金化をするのに時間と手間がかかりますが、このように慎重になりませんと手続を完了することができないのです。

クレジットカード現金化を三井住友の物でする場合は慎重に扱ってくれる業者を慎重に選定しなくてはならないようですね。