現金化は一万円からできるが損すること間違いなし

現金化 一万円

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今すぐにお金の用立てをしたいと思った時に活用される機会が多くなったのがクレジットカード現金化です。

必要な額面に応じて即日現金を手に入れることができる資金策として利用者が多くなりました。

手元に欲しい金額がほんの少しであっても対応してくれるのか、使うショッピング枠の下限額は決まっていないのかという疑問を抱く方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな心配はする必要なく少額のショッピング枠であっても現金化することは可能です。

但し、現金化は一万円からできるが損すること間違いありません。

現金化は一万円からでもできる

現金化 一万円

クレジットカード現金化は利用者の必要な金額に応じて現金を用立てることができる資金策として手頃に使うことができます。

カードのショッピング枠が少なかろうと現金化することができますので、ごく僅かなお金が必要な場合であってもニーズに合わせた資金繰りができるでしょう。

現金化は一万円からでもできる資金策ですが少額のご利用ですと損することが多くなってしまいます。

少額での現金化は不利な点が多い

現金化 一万円

クレジット現金化はショッピング枠が最低でも一万円残っていないと資金化することができないサービスです。

また、少額での現金化は不利な点が多く他の手段で資金調達された方が良いかもしれません。

一万円に限らず少額の場合のクレジットカード現金化のデメリットはどんなことがあるのか検証します。

換金率が低くなる

現金化 一万円

ほんの少しのお金が欲しい時でもクレジット現金化は利用できますが換金率が低くなります。

この資金策はご利用のショッピング枠が少なければそれに伴って換金率が低下する仕組みとなっておりますので高換金率は期待できません。

現金1万から3万円ほど手に入れるのであればその他の資金策を使うのが妥当ではないでしょうか。

キャッシングをした方が良い

現金化 一万円

今も述べましたように小口の現金が必要であれば他の手段としてクレジットカードをお持ちであればキャッシングをするべきではないかと思います。

ショッピング枠1万円を使って数千円手に入れるよりキャッシング枠1万円を使って丸々お金を手に入れたほうが断然お得です。

既にクレカのキャッシングを使い切ってしまった方なら仕方がありませんが少額の現金化ならキャッシングをするべきではないでしょうか。

少額で現金化をする際の注意点

現金化 一万円

少額の現金化をする際の注意点として返済方法は一括払いもしくは2回払いにしましょう。

2回払いまでであれば金利もかかることがありませんので便利にクレジットカード現金化ができるでしょう。

クレジットカード現金化は使うショッピング枠もしくは手元の必要な額面が少なくなればなるほど換金率が下がってしまう資金策ですので、その月に何度か使う予定があるのであれば一度の取引でお金を用立ててしまうべきです。

こまめに現金化をした方が良いと思われている方も大勢いらっしゃいますが結果的に合算いたしますと使ったショッピング枠が同額であっても数回の契約によって換金率に差が出てしまいます。

現金化は一万円からできるが損すること間違いなしということがお分かりいただけたのではないでしょうか。