ショッピング枠現金化業者の逮捕事例

ショッピング枠 現金化 逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

現在、世の中で利用者数が最も多い資金調達法といえばクレジットカードのショッピング枠現金化です。

グレーゾーンとも呼び名が高い資金策だというのにも関わらず利用している人が大勢いらっしゃるのはどうしてでしょうか。

クレジット現金化はショッピング枠が残っているカードがあれば誰でも利用できることから違法性があると言われてはおりますが使った人が逮捕された前例がありません。

その為、利用者の中には頻繁的に使われる方も多く安心しきってしまっていることでしょう。

一方、現金化業者はどうかと言うとユーザ数が多ければ自然と収益が上がりますが警察に検挙された店舗が2011年8月頃に出ました。

クレカ現金化で始めて警察に逮捕されたその業者は有罪判決も出ており、それからというもの何かとお縄になっている店舗が増え始めてきたのです。

今回はショッピング枠現金化業者の逮捕事例を公開していきます。

現金化業者が逮捕された理由は出資法違反が原因

ショッピング枠 現金化 逮捕
報道でもクレジットカード現金化は取り上げられたことがありますが2011年8月に初めて逮捕業者が出ました。

このニュースを見ていたショッピング枠現金化の利用者は不安になったことでしょう。

現金化業者が警察に検挙されたと報じられたことでショッピング枠現金化のことを知ったという人もいらっしゃると思います。

肝心なショッピング枠現金化業者が逮捕されてしまった訳は何だったのでしょうか。

現金化業者が逮捕された理由は出資法違反が原因のようであまりにも派手に換金率を引き下げてしまっていたようです。

2003年頃から世間でも知られるようになったクレジットカード現金化ではありますが逮捕業者が出て利用する人が減るのかと思いきや相も変わらず使われる人は大勢いらっしゃいます。

その他の業者が逮捕された原因

ショッピング枠 現金化 逮捕
上記で述べた原因がショッピング枠現金化業者が初めて逮捕された原因となっております。

これ以外のことがもとで警察に検挙されてしまった業者もいるようです。

では、その他の現金化業者が逮捕された原因について明かしていきましょう。

決済金額が違っていた

ショッピング枠 現金化 逮捕
ショッピング枠現金化では主流でありますキャッシュバック方式を取り入れている業者が多くクレジット決済後に指定の金融機関へ送金がされます。

キャッシュバック方式の現金化業者のお取引では店舗によっては使用希望しているクレジットカード情報を教えなければならないこともあるようです。

理由としては自社端末を導入している現金化業者が多いのでオンライン決済を利用者が行なうのではなく取引店舗が代行するからだそうなのですが、ここに落とし穴があります。

クレジット決済が完了し入金も相手側から着金もあり安心できたとしてもカード会社から届きます利用明細書を見てみますと契約を交わした現金化業者に言われた金額以上の請求額になっていたのです。

決済金額が違っていたとなれば当然換金率も下がるわけで騙されたとしか言いようがありません。

現金化業者にカード情報を預けてしまった為、不正にクレジット決済をされてしまうことがよくあるようでその店舗で同じようなことが起こってばかりいますと被害届の提出が多くなれば警察がその業者を捕まえることでしょう。

いかなる利用があってもクレジットカード情報を他人に教えてしまうことがどれだけ危険性があるのか分かっていない人が多いです。

勝手に決済金額を変えた現金化業者が最も悪いのですが信用しきってしまった利用者にも全く非が無いとは言えません。

商品を送っていない

ショッピング枠 現金化 逮捕
クレカのショッピング枠現金化で業者が逮捕される原因として何よりも多いのが商品を送っていないということが多いです。

カード現金化は通常のショッピングと至って変わりはございませんのでクレジット決済後、購入した商品は利用者も原則で受取らなければならないのですが取引先は品物を配送しなければ納品することができません。

ショッピング枠現金化をする人の大半は好都合だと仰る方が多いのですが、これでは契約が成り立っていないだけでなく利用者に非はありませんが何かしらトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

カード会社によってはクレジット決済の内容に不信感を抱きますとショッピング枠を使用した方へその時に買われた商品を見せてくれと尋ねてくることもあり納品した物がないと現金化目的に使用したと悟られてしまうでしょう。

商品を送らない現金化業者はハッキリ言っていい加減な店舗ですので、その際のお取引内容もきっと換金率も低いでしょうから利用者も不満を感じ騙されたと思いがちになり警察に訴え出るのです。

結果的にショッピングではなく高利貸し業者とみなされ先程も申し上げましたように出資法違反で逮捕されます。

まとめ

ショッピング枠 現金化 逮捕
以上がショッピング枠現金化業者の逮捕事例となりますがこの中であてはまる取引をしたことがある方はいらっしゃいませんか。

クレジットカード情報を預けて決済額は利用明細書を見ても言われた通りになっていたからと言って安心してはいけません。

そもそもカード情報は他人に明かしてはいけないもので利用規約違反になります。

また、キャッシュバック方式の現金化業者と契約後ちゃんと商品がお届きになったからといって安心しきっていませんか。

初回の取引だけしか品物を配送せず2回目以降は何も送らないこともありますので契約を交わす度に商品を送る現金化業者を利用してください。

今の所、どのショッピング枠現金化業者と契約をしてもユーザには警察の手は届きませんが法律が改正されると今まで通りとはいかなくなるかもしれませんので優良店を選ぶ必要があります。