ショッピング枠現金化あるある詐欺の手口

ショッピング枠現金化のリスクと対策

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どの業界でもありがちな悪徳業者は非常に厄介な存在です。

クレジットカードショッピング枠現金化でも悪徳業者は潜んでおり、実際にご利用された人の中でも詐欺被害に遭った方も少なくありません。

この資金策はグレーゾーンとも言われておりますから利用者を騙し陥れる店舗がありますと益々イメージダウンとなりますし使うにも不安となります。

クレジット現金化をするのであれば優良店を選ぶのに越したことはありませんが悪徳業者が行なう詐欺の手口を知れば騙されることなく資金調達ができるはずです。

今回はショッピング枠現金化あるある詐欺の手口をご紹介しますので悪徳業者に出くわしたとしても詐欺に遭わず資金繰りができるでしょう。

公式ホームに記載されている換金率は異なる

ショッピング枠 現金化 詐欺
クレジットカードショッピング枠現金化をするのであれば少しでも多くお金を手に入れたいと誰もが望むことではありますが欲にくらんでばかりいますと騙されてしまうことがあります。

このサービスでは換金率が高ければ高いほど取引先から送金される額面は大きくなりますので高換金率設定の店舗を利用者は選びがちです。

各現金化業者は自社の公式ホームを公開し宣伝しますので高換金率を謳い集客を求めますが、ここに落とし穴があるのです。

クレカのショッピング枠現金化は申込みをから始まり、カード所有者からの申出であることが確認できましたらクレジット決済をし認証が取れ次第指定の金融機関へ送金となりますが、振り込まれた額面が公式ホームに書かれていた通りではなかったということがよくあります。

公式ホームに記載されている換金率は異なるのですが、このような事態を避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

不透明な手数料を差し引く

ショッピング枠 現金化 詐欺
ショッピング枠現金化は業者によって換金率が異なることはお分かりいただけたかと思いますが、何故利用するお店によって換金率に差が出てくるのか分かりません。

どの現金化業者もできるだけ低い換金率で利用者と契約をしたがるでしょうから何かしら口実を付けて入金額を減らそうとします。

よくあるのは不透明な手数料を差し引くなど送金額と使用するショッピング枠を見比べていただきますと換金率が一気に低くなっているのです。

手数料の内訳が明らかにされていないこともあってか詐欺とも取れるやり口だと言えるでしょう。

ショッピング枠現金化ではこういった手口はあるあるとなっておりますので手続きにかかる費用の詳細を言えない店舗とのご契約は避けてください。

送金回数を分割する

ショッピング枠 現金化 詐欺
その他のショッピング枠現金化でのあるある詐欺の手口と言えば間違いなく悪徳業者のやり口と言えるのが送金回数を分割することです。

カード現金化ではクレジット決済後のお振込みは一回の契約に対して全て送金されるのが通常ですので入金される回数が2回以上となる業者との取引はどんなことがあってもしないでください。

いつからこういった取引が行なわれるようになったかは不明ですがショッピング枠現金化ではこういった事態に遭った人達から事情を聞いた所1回目の送金が確認取れてから2回目以降の入金が全く無く騙されてしまったという方は多いようです。

クレジット現金化はカード会社への利用規約違反ということもあり利用者もうかつにカード会社や警察に訴えることができないので泣き寝入りとなってしまう人ばかりとなっています。

このような事態が起こらない為にも現金化の取引をしようとしている業者には申し込み前に入念に確認をすることをお忘れなく。

個人情報だけを詐取する

ショッピング枠 現金化 詐欺
クレジットカード現金化における詐欺は換金率に関してだけではなく、利用者の個人情報も悪徳業者に狙われているのです。

ショッピング枠現金化を商売に運営している店舗の中には利用者の個人情報だけを詐取することを目的にしていることもあります。

手に入れた個人情報は高利貸し業者つまり闇金業者等にデータとして売られてしまうか出会い系サイト等に勝手に登録されて多額な金額を請求されるなどあちらこちらに自分の情報が流されてしまう被害が相次いでいるようです。

こういったパターンを回避するのにはどうすれば良いのかと申しますとショッピング枠現金化には全く必要の無い項目を請求されても提示しないでください。

この資金策で必要なのは使用されるクレカの名義人の身分証明書だけと言っても過言ではありませんので、それ以上に個人情報を求められるのは悪用される危険性があります。

ショッピング枠現金化の契約で個人情報をやたら求められることがあればむやみに教えないことを心がけてください。

あなたの個人情報が闇金業者や出会い系サイトに売却される恐れがあります。

まとめ

ショッピング枠 現金化 詐欺
以上のことがショッピング枠現金化であるある詐欺の手口です。

このようなことに詐欺被害には誰もが遭いたくはないですが現金化業者には悪質店がいるのは事実ですので利用しようとしている店舗が悪徳現金化業者である可能性は充分考えられます。

騙されない為には入念な交渉が重要ではありますが、その際に少しでも不審を感じるようであればその時点で申込みを破棄してください。

申込みの際に必要書類をすぐに請求してきたり個人情報ばかりを聞き出してくるような店舗はクレジットカード現金化業者を装った悪徳業者だと察知できる洞察力も必要とされます。

慎重になれば騙されることはなくショッピング枠現金化はできることでしょう。