現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎない

現金化 悪徳業者

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

皆様がクレジットカード現金化をする時は取引業者の選考から始めますが、気になるのが提示されている換金率ではないでしょうか。

現金化業者が公開している換金率はそれぞれ違っていますので、最も高い数値である店舗と契約を臨んでいると思います。

カード現金化を行った後は銀行口座にお金が振込まれますが、交換比率によって着金される金額が決まりますので、1%の僅差が命運を握るでしょう。

クレジットカード現金化業者を選ぶ際は高換金率を提示しているお店に惹かれがちですが、いざ契約交渉しますと想像していた内容とは全く違っていたという声が上がっています。

クレジットカード現金化の公式ホームには大半が、最大もしくは最高90%以上の換金率表記がされていますが、この取引ではあり得ない数字です。

集客目的に過剰な換金率を見せることで顧客を増やそうとしている魂胆でしょうから、現金化業者の換金率「最大98%」の表記は客寄せの餌まきに過ぎません。

現金化の悪徳業者は、このようにして利用者を罠にはめようと仕向けてくることがあるのです。

現金化業者が提示している換金率は信じるな!

現金化 悪徳業者

クレジットカード現金化では一番人気がある項目は「スピード」ですが、やはり気になってしまうのが換金率です。

換金率は使用するショッピング枠が高額になるに連れて高い比率になり、取引する現金化業者によって変わりますので、少しでも数値が高いお店を選考するでしょう。

クレジットカード現金化現金化業者の公式ホームをご覧になっても、お分かりのように表記されている換金率は店舗によって異なっています。

最高や最大もしくは一律といった様に表現の仕方は様々ですが、現金化業者が提示している換金率は信じてはいけません!

項目をつけて手数料が差し引かれる

現金化 悪徳業者

現金化業者のホームページに表記されている換金率は大抵90%以上となっていますが、契約時にウンと還元率を引き下げられることがあります。

どういうことなのか確認してみますと、何かしら項目をつけて手数料が差し引かれるということがあり、中には換金率は70%代までがた落ちすることもあるようです。

不透明な手数料を突きつけられることがあり、このような料金はホームページには一切記載されておらず、利用者は妥協してしまい合意してしまい、不満を抱いたまま取引に応じてしまいます。

クレジット決済費用が掛かってしまうことは理解できますが、理解するのに耐え兼ねない費用を差し引くとなれば悪徳業者と言えるのではないでしょうか。

換金率を引き下げるのは悪徳業者の手口

現金化 悪徳業者

クレジットカード現金化業者の収益は換金率によって左右されますので、少しでも低く見積もって取引に合意を求めてきます。

現金化業者は換金率が低くてもユーザに納得させるテクニックを持ち合わせていますので、何かしら口実を付けてくることでしょう。

換金率を引き下げるのは悪徳業者の手口で、ホームページでは良いことばかりが書かれていますが、事実は異なり利用者を落胆させる内容がほとんどです。

クレジットカード現金化では思うように取引ができないことが多く、騙されたかのような気持ちに陥ってしまった人も多いことでしょう。

申込む前に全て聞きだすこと

現金化 悪徳業者

取引事というのは事前に内容確認しておく必要があり、契約時に分からないことばかりですと、悪徳業者ばりに騙されてしまう恐れがあります。

クレジット現金化では得体の知れない店舗が存在しているので、相手側のことを何も知らない状態で交渉をするのは危険です。

取引先のことを何も知らずに契約を交わすのはリスクが大きいだけでなく、あまりにも無謀で自ら危険地帯に飛び込んでいるとしか言い様がありません。

恐らく、現金化の悪徳業者との契約を好む人はいないでしょうから、まずは申込む前に全て聞きだすことです。

質問攻めをしますと煙たがられたり、現金化業者がユーザを装っていると勘違いされ質疑応答してもらえないこともありますので、要点を絞って問い合わせます。

ズバリ、正確な換金率を聞いてしまうことが良いかと思うのですが、曖昧な返答であれば却下すれば良いだけのことで、これだけのことを確認するだけで悪質現金化業者を見定めることができるのです。

現金化の悪徳業者は的確なことは一切言わないことが多く、過剰な換金率を伝えてきますが90%以上は信じ難い数値で客寄せの餌をまかれていると受け止めてください。

高換金率表示の現金化業者は信用してはいけません!