少子高齢化で年金が720万円減少!?年金受給者の最後の助けはクレジットカード現金化しかない!

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

長年に渡る不景気に回復の兆しが見えることは未だありません。

個人の消費者の家計にも悪影響を及ぼしており、給与もさほど高いとは言えません。

誰しもが日々の資金繰りに頭を抱えるほどのものです。

しかし、多くの消費者金融などの貸金業は審査がとても厳しく誰にでも借りれるようなものではありません。

しっかりとした収入が無ければ審査を通ることはできませんので誰にでも使えるサービスというワケではないです。

無職・フリーター・年金受給者・専業主婦といった収入が証明できないような人たちには厳しいと言わざるを得ないでしょう。

そんな時に利用者のニーズに完璧に応えられるサービスが出現しました。

クレジットカード現金化は高齢の年金受給者にも利用できるサービスなのです。

お金が足りないならクレジットカード現金化を活用しよう

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

どうしてもお金が足りないという時は誰にでも必ずあります。

それが浪費や遊びであれば、我慢をするという選択肢を取ることもできますが中には絶対に支払わなければならないものもあります。

公共料金の支払いもその最たるもので、もし支払いをすることができなければ生活に必須ラインである電気・ガス・水道が使えなくなってしまい、あなたの暮らしに致命的な影響を受けることになります。

そんな事態を迎えたくないのであれば、クレジットカード現金化がオススメです。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

このクレジットカード現金化は他の資金調達方法のように面倒な手続きが一切存在しない方法です。

また、金利は0円なので消費者金融のように年利18%という高金利を支払う必要もありません。

そして、現金化の最大のメリットが利用資格が必要ないということです。

クレジットカードさえ持っているのであれば、誰にでも利用することができます。

ショッピング枠を、現金に換金しただけなので支払い方法も同じように一括払い・分割払い・リボ払いの3つから選ぶことができます。

自分に適した支払い方法を選ぶことによって、毎月の返済の負担を減少させることもできます。

現金化が高齢の年金受給者に適している理由

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

お金に困っているのは若い世代の人たちだけではありません。

高齢な年金受給者の方は実はお金に困っていることのほうが多いのです。

その理由としては年々の年金受給額の減少にあります。

平成14年には毎月の年金受給額は1,377,023円とされていましたが、その10年後の平成24年には1,014,053円となっていることが厚生労働省の調べによってわかっています。
参考厚生労働省

その差は約36万円、65歳から20年は年金を受給することを考えると総額にして720万円もの差となります。

つまり、あなたはこの時代に年金を支払ったというだけで昔の人より720万円分の損を背負っているのです。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

少子高齢化が進むほどに年金の受給額は減っていきますので、この現象はこれからも続いていくことでしょう。

もはや、年金だけでは高齢者が安心した生活を送ることは出来ないのです。

更に、金融機関の態度や高齢者を雇わないこの不景気にも原因があります。

この不況で新卒の方ですら就職が難しい状態なので、高齢者が雇ってくれるところは多くはありません。

他に考えつく手段とすれば金融機関ですが、年金受給者の方だと審査を通るのが非常に厳しいものです。

金融機関を利用することもできず、働くことも出来ないとなれば取るべき手段は1つしかありません。

このことから高齢の年金受給者が唯一まともに利用することのできる資金調達方法としてクレジットカード現金化が高齢者の方に人気を博しているのです。

手続きの内容も高齢者にも問題なく利用することができます。

手順は「商品を買う⇒現金化業者に売る」これだけです。

私が現金化業者だった時に対応したお客様の中には80歳以上の方が何人もいらっしゃいました。

その方でもすぐに取引を進めることができましたので、手続きは本当に誰でも出来るものとなっています。

高齢の年金受給者だからこそオススメ

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

はっきり言って、高齢の年金受給者にこそクレジットカード現金化を利用するだけの価値があります。

日本全国で多くの人がお金に困っていますが、若い方であれば正直頑張れば働くことも可能です。

仕事さえ選ばなければ、なんとか生きていくことも難しいことではないでしょう。

しかし、年金受給者の方はお金を入手する手段が少なくなってしまっています。

借金はダメ、働くことは出来ないとなればモノを売却するしかありません。

例えば、質屋に価値のある商品を持ち込めば商品を担保にお金を借りることもできます。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

古くからあるものであればプレミアが付いていることもあるでしょう。

借金が返せないとなれば担保を諦めれば、その時点で借金は免責されます。

しかし、質屋が貸してくれる金額は担保とした商品の金額以下となります。

その差を実質的な金利と見ると、質屋の金利は思いの外に高いと言えるでしょう。

それに、それだけ価値のある商品というのは、思い出が詰まっている品の可能性が高いです。

思い出の詰まった品をお金が足りないからといって質屋に入れるのは心情的にも嫌ですよね。

そのため、高齢の年金受給者にとって質屋での資金調達は誰にでもオススメできるサービスとは言えないのです。

それに比べて、クレジットカード現金化には金利が0円であり、大切な思い出の品を無くすようなリスクは存在しません。

クレジットカードを持っているのであれば、クレジットカード現金化という選択肢もあることを覚えておきましょう。

高齢な年金受給者の数少ない、手続きが簡単で楽に現金を手に入れることができる方法です。

何かあった時のために頭の中に入れておいても損は絶対無いでしょう。

高齢の年金受給者の支払いの問題

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

クレジットカードを作るためには審査が必要というのは皆さんご存知でしょう。

しかし、安定した収入を得ているとは言いづらい年金受給者にとってこの審査を通るのはとても難しいことです。

若い方であれば、初めは収入が少なくても昇給によって給与が上がることもあります。

ですが、年金の場合は増えるどころか年々減少をし続けており、今後年金が破綻するという噂も立つほどです。

何か副業でもしていない限りは、年金受給者の方が収入を上げることはできません。

また、高齢者の方であればあるほど、ケガや事故、病気といった予想外のトラブルのリスクも高まることになります。

誰しもが年をとればそうなりますので仕方のないことですが、カード会社から見れば回収不能になるリスクが高いと思われてしまいます。

消費者金融もボランティアで活動しているワケではありませんので、出来る限りリスクを回避しようと思うのは当然です。

回収の見込みのある若者と比べると、高齢者がクレジットカードの審査に通るのは極めて困難なことになっています。

高齢の年金受給者の悲惨な現実

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

今現在の日本の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳となっており、世界でもトップクラスです。

寿命が長くなった分、年金の受給も65歳からとなり、年金の支給額も減少してしまいました。

大半の会社では60歳を超えると定年という扱いになり、会社を勤め続けることは難しくなります。

稀にアルバイトをしてお金を稼ぐ人もいますが、以前より携わっていた仕事なら未だしもまったく新しい仕事を続けるのは相当辛いことです。

60歳~65歳までの間は年金を受給することはできず、何かしらの資金調達をしなくてはなりません。

以前よりも苦しい生活を送らなければならないというのは簡単に想像できるでしょう。

具合が悪くなれば、大きなケガや病気に繋がることもありますので病院に行かねばなりません。

長年お世話になった家具や家がもう寿命で買い換えたいと考えることもあるでしょう。

60歳を超えた方は「定年後の出費は前から考えていたよりもずっと多かった」と答えた人が67%にも昇るという調査結果も出ています。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

定年後の人生というのは思った以上に出費の激しいものなのです。

安心した老後を送るために必要な金額は1人につき5,000万。

夫婦だと1億円ものお金が必要だという話も「東洋経済オンライン」にて語られています。

参考東洋経済オンライン

とはいえども、1億もの大金を用意できるのはホンのひと握りの人たちだけです。

実際に、多くの人はこの不況で日々の暮らしにすら追われており、老後の貯金を考えるだけの余裕が無いというのが現状でしょう。

高齢者の方がお金が必要になったら

クレジットカード現金化は年金受給者に最適
年金を受給しながら生活を続けている人にとってお金の扱いは死活問題です。

充分な老後の資金を今の時代に用意するのは難しく、他の資金調達方法もデメリットばかりが目立つものになっています。

その中でも1番マシと言える手段がカードローンです。

以前までは違法な取立てが目立つカードローンでしたが、今現在は貸金業法も改正され、カードローンも安全な現金取得方法となっています。

CMが流れることもあり、今となってはカードローンは怪しいサービスではなく、世間に広く認知された方法ということになります。

しかし、1番マシなカードローンには年金受給者にとって無視できない問題が隠されていました。

カードローンには年齢制限がある

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

もし、高齢者の方の中でカードローンを期待している人がいるのであれば、その考えは捨てましょう。

確かに、カードローンは別名フリーローンとも呼ばれ、どんなことに使ってもいい身近なローンの1つです。

しかし、実はこのカードローンにも年齢制限がついており、それを越えてしまえば利用することはできなくなります。

会社名年齢制限
アコム20歳から69歳以下
プロミス20歳から69歳以下
アイフル20歳から69歳以下
モビット20歳から69歳以下
三菱東京UFJカードローン20歳から65歳以下
みずほ銀行カードローン20歳から65歳以下
オリックス銀行カードローン20歳から65歳以下

この表に書かれているように消費者金融系は20歳~69歳まで、銀行系カードローンは20歳~65歳までが上限となっています。

実際には、60歳以上からかなり審査が厳しくなるそうなので、現実的な制限は60歳ということになります。

つまり、年金を受給したが最後カードローンの年齢制限にも引っかかることになります。

この表を見ても、高齢の年金受給者がカードローンを利用するのは厳しいということ解ります。

老後になればなるほど出費は増えるのにお金を手に入れる方法は少なくなるというジレンマを抱えているのです。

では、高齢者はお金が必要となっても、どこからも現金を調達することはできないのでしょうか?

そんな高齢者にこそ、クレジットカード現金化がオススメです。

クレジットカード現金化は年齢関係なし!

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

クレジットカード現金化は年齢関係なく誰であろうとも利用することができます。

更にこの方法の利点をあげるとするならば、誰にも知られる心配が無いというところでしょう。

世間一般的には「借金は悪」という印象が強くあります。

冷静に考えればそんなことはありませんが「借金をしている」と聞いた時の第一印象は決して良いものではありません。

借入を恥だと考える人もいるため、中々踏み切るのは難しいことだと思われます。

しかし、そんなデメリットもクレジットカード現金化なら安心です。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

外に出る必要は一切なく、家の中からたった1時間で現金を手に入れることができます。

入金は好きな口座を指定することができますので、自分から話してしまわなければどこにも話が漏れる心配はありません。

ただし、クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を現金に変える方法です。

となれば、ショッピング枠がなければ当然利用することはできません。

100万円単位でお金を手にするのは難しいですが、数十万程度であればショッピング枠も残っているので利用することができるでしょう。

特に年金支給が隔月なひとにとってはクレジットカード現金化を使う事によって年金の前借りだって出来ます。

先ほども語りましたが、質屋を借りるよりも金利が低く、また大事な思い出の品をなくしてしまう危険も減少します。

クレジットカード現金化は年金受給者に最適

つまり、簡単にクレジットカード現金化の利点をまとめると、

  • 年齢制限が無いため高齢者でも利用可能
  • 誰かに現金化の利用がバレる心配は無い
  • 大事な思い出の品を担保にしなくていい
  • 他の資金調達方法と比べて圧倒的に金利が安い

といったことになります。

まさの高齢者に最適な方法と言えますので、お金が足りなくなってしまって困ったときは、他の手段を使うより先にクレジットカード現金化を利用するのをオススメします。

クレジットカード現金化を賢く使う事によって、老後の生活の負担を減少させることもできますので、上手く有効活用していきましょう。

クレジットカード現金化を賢く利用するための必須知識一覧はコチラ!

コメント

  1. 山本59歳 より:

    はじめまして。
    記事を読んでいて疑問に思ったことを聞いてもよろしいでしょうか?
    消費者金融の年齢制限の枠の中に銀行も入っていたのですが
    よくCMなどで耳にする消費者金融と銀行のローンは同じ括りなのでしょうか?
    それと、クレジットカードを作るのに年齢制限はないのでしょうか?
    よろしければ教えてください。

    • コメントありがとうございます。
      三上勇太です。
      消費者金融と銀行カードローンの一番の違いは『総量規制が適用されているかどうか』というところになります。
      総量規制とは「多重債務防止のために年収の1/3以上の借り入れを禁止する」という内容の法律のことです。

      つまり、消費者金融は1/3以上の借金をすることはできないが、銀行カードローンの場合は1/3以上の借金をすることができるのです。
      とはいえ、どちらも融資の審査が存在し、年齢制限も現実的には60歳までとなっていますので、どちらも高齢者の方には利用することが出来ません。
      活用することができないという意味では同じ括りと言えますね。

      また、クレジットカードの年齢制限とのことですが、クレジットカード作成に年齢上限は存在しません。
      とはいえ、あまりに高齢(75歳~)になると審査に通りづらくなるということもありますので、ご注意ください。