カード情報を求めてくる現金化業者は避けよう!

現金化 カード情報

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お金に関する取引には相手側から必要書類を提示されますので利用者は指示通りに提出しなければなりません。

同様にクレジットカード現金化の契約も取引業者に定められた書類を提出しなければならないのですが、全く必要の無い情報を入手しようとする悪徳業者がいますので気をつけなければなりません。

特にカード情報を求めてくる現金化業者は避けましょう!

クレジット現金化ではカード情報を取引先に教えてしまったことで不正利用されてしまった被害者が続出しています。

現金化ではカード情報は教えてはいけない

現金化 カード情報
クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する場合は取引業者を決めて申込みすることから始めます。

申し込み手続きが終りましたら現金化業者から契約するのに利用者からの申出なのかご確認の為、最低限身分証の提出をしなくてはなりません。

身分を明かす物といっても現物を現金化業者へ渡すのではなく、携帯電話のカメラ機能を使って画像をお撮りいただき写メールで指定されたメールアドレスに送信だけです。

この際に現金化業者からクレジットカードの画像も送るように言われても送信しないでください。

現金化ではカード情報は教えてはいけません。

カード情報を教えると悪用される可能性大

現金化 カード情報
ショッピング枠現金化ではクレジット決済が完了しませんとご利用者様にお金が送金されません。

カードの所有者がクレジット決済をするわけですから現金化業者は知らなくても良い情報ですので教えてしまいますと悪用される恐れがあります。

中には自社端末を導入している店舗もありカード所有者がオンライン決済するのではなく現金化業者が代行して手続きを行なう場合もあるのですが、カード情報を教えないと取引ができないというお店とのやり取りはおすすめできません。

カード情報を現金化業者に提供したことで不正利用された被害者は多く警察に届出をする人が増えています。

警察へ被害届を出すにしてもクレジット現金化はカード会社への利用規約違反を犯していることから思い留まる人もいて、結局の所致し方なく支払いに応じてしまう人もいるようです。

クレジット現金化業者にカード情報を教えると悪用される可能性大ですので決して見せたりしないようにしてください。

身分証明書だけ提出の店舗を選ぶ

現金化 カード情報
現金化業者にカード情報を見せたり教えなければ不正利用される心配はありません。

それならばクレジットカード現金化では身分証明書だけ提出の店舗を選べば悪用されることはないでしょう。

現金化業者に申し込む前に契約するには何が必要なのかを確認しカード情報は教えなくても取引ができると了承してくれる店舗を見つけてください。

悪徳業者はカード情報だけではなくクレジット現金化では不要の情報も入手しようと企んでいますので言われるがままに教えないように注意しなければなりません。

クレジット現金化ではカード情報は一切必要がないということを知っていればよほどのことが無い限り悪用される心配は無いでしょう。