必要書類でカード情報提出はNG!カード裏面の3桁の数字も絶対に口外しないでください!

必要書類でカード情報提出はNG!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どんな取引事でも契約を交わす上で書類提出は必要不可欠です。

特にお金に関わる契約ですと審査がありますので書類を請求されることになるでしょう。

クレジット現金化においては審査不要で取引を行うことができますが、ご本人様からの申出であることを確認するため書類を契約するお店に提出しなければなりません。

どの現金化業者もクレジットカードの不正利用防止のため、契約の際は利用者に身分証明書を提示してもらうことになります。

しかし、クレジットカード現金化では必要もない情報を詐取しようと企んでいる悪質業者もいますので気をつけてください。

現金化の取引では身分証明証は必要不可欠

必要書類でカード情報提出はNG!

消費者金融で借入れをする場合は、申込者を査定するため書類を提出し審査が通りませんとお金を借りることができません。

一方、クレジット現金化では審査がなく本人様名義のカードをお持ちであれば誰でも利用することができますので資金調達が確実となります。

但し、現金化の取引では身分証明書は必要不可欠です。

現金化業者によっては運転免許証やパスポート等写真付の身分証ではないと契約に応じてくれないこともあります。

また、ショッピング枠現金化は未成年ですと契約はできません。

カード現金化は職業や収入に関係なく本人名義のカードを持っている人ならどなた様でも利用することができますが、20歳未満の方や写真付の身分証明書をお持ちでないと利用することができない場合があります。

カードの不正利用を未然に防ぐため

必要書類でカード情報提出はNG!

現金化業者との取引では身分証明書は欠かせない物となっている理由はカードの不正利用を未然に防ぐためです。

クレジットカードと身分証明書をお持ちの方であれば名義人になりすまして契約をすることができますので、現金化業者は依頼人から申込みされたとしても本人確認ができない場合は取引には応じません。

その他に現金化業者によりますが身分証明書以外に住所を確認できる公的な郵便物や自画像も必要書類として提出をしなければ契約ができないこともあります。

クレジットカード現金化では悪質業者の存在がありますが、利用する側にも悪用する詐欺師もいますのでサービス提供をする店舗はナーヴァスになっているのです。

カード情報は一切必要なし

必要書類でカード情報提出はNG!

ショッピング枠の現金化では必要書類の提出がなければ取引ができないからといって言われるがまま何でも情報を提供しないでください。

現金化業者の中には申出をされた方からカード情報を必要書類として提示するよう執拗に迫ることがあります。

しかし、ショッピング枠現金化の取引ではカード情報は一切必要ありません。

ショッピング枠現金化で行うクレジット決済は自身で行うためカード情報を取引業者に提示する必要がないのです。

カード情報が現金化業者の手に渡りますと不正利用される恐れがあり、全く身に覚えがない支払いをクレジット信販会社から請求されるかもしれません。

カード情報を詐取する悪質業者には用心

必要書類でカード情報提出はNG!

ショッピング枠現金化を利用する人に気をつけていただきたいのは、必要書類でカード情報提出はNG!カード裏面の3桁の数字も絶対に口外しないでください!

クレジット決済を行う時は裏面に記載されているセキュリティコードが必要となります。

クレジットカード所有者の中にはセキュリティコードのことに関して無知な方が多く現金化業者に教えてしまう人がいるのです。

セキュリティコード知られても番号や有効期限を知られていない限り悪用される心配はありませんがカード情報を現金家業者に提供はしないでください。

ショッピング枠現金化を運営している店舗の中にはご契約者のカード情報を騙し取ろうと企てる悪質業者もいます。

実際、利用した現金化業者に使用したカード情報を提供してしまい悪用されてしまった被害者が相次いでおります。

カード情報を詐取する悪質業者には用心してください。

カード現金化の悪質業者を見破れ
カード現金化の悪質業者を見破れ
クリーンな印象がない資金策としてカード現金化は見られていますので、闇金業者の類にとらわれていることでしょう。 イメージが悪い資金策であ...

ショッピング枠現金化では本人様確認できる身分証さえあれば取引はできますから、カード情報がないと契約ができないと言われた場合は他の店舗を利用すれば良いだけのことです。

何度もくどいことを申しますが現金化業者だけでなく他人にはカード情報を教えないでください。