クレジット現金化は未成年でも身分証明できれば取引は可能?

ゲーム 買取 現金化

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

18、19歳の方でもお金が欲しくなることがあるはずですが、消費者金融や銀行のローン等の融資は受けることは恐らくできません。

現在、総量規制が施行されていることもあり収入がある方でもお金を借りること自体が困難だという時代だというのに未青年なら尚更無理でしょう。

唯一残されている資金策と言えばクレジットカードを使ったショッピング枠現金化です。

クレカは20歳を超えていない方でも持つことができますが、果たしてクレジット現金化は未成年でも身分証明できれば取引は可能?なのでしょうか。

未成年でも即日発行できるクレカ

クレジット現金化_未成年

学生等の20歳に満たしていない方がクレジットカードを持つことなんて「絶対無理!」と思っている人は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

実は未成年でも即日発行できるクレカはあり、高校を卒業していれば誰でも作れる資格がございます。

但し18歳以上ということと親権者の同意が必要となり、一般の方と同様にクレジットカードを作る為の審査を受けていただきます。

その際、親権者がクレジットカードを所有されているのであれば利用履歴も審査対象となることがありブラックリストなどに載っている場合はカード会社の審査が通ることは難しいでしょう。

また、審査を通過したとしても後日カード会社から親権者に連絡があり同意を求めますので、その際にご承諾いただけなかった場合もクレジットカードを発行することはできません。

親御さんに内緒でクレカを作ろうと考えている方ですとそういった事態になりますので家族でよくお話された上でお申込みされるようにしてください。

未成年が現金化する必要あるの?

クレジット現金化_未成年

学生の方達でもクレジットカードを持たれていれば与えられたショッピング枠範囲内で利用することが可能です。

使用用途も様々ですが収入源のある未成年者の方とは違いますので使えるショッピング枠も少なくキャッシング枠は備え付けられてはいないことでしょう。

学生でも友人との食事やデートで出費が重なりアルバイトの収入だけですと足らないこともしばしば出てくることから資金調達ができるものならしたいと願いますが、未成年ということもあり消費者金融やローンを組むことはできません。

そんな時に活用されるのがクレジットカードを使った現金化ですが、社会人となっている未成年の方ならカード会社への返済能力もあることでしょうが学生の方ですと支払いに四苦八苦されるのは目に見えてしまうことでしょう。

クレジット現金化は誰でも利用することは可能ですが未成年が現金化をする必要があるの?と疑問視してしまいます。

未成年だと取引してくれる業者はごく僅か

クレジット現金化_未成年

先程も申し上げましたようにクレジット現金化は誰でも利用することは可能ではありますが未成年だと取引してくれる業者はごく僅かです。

利用後のカード会社への返済が充分にできない人と判断される為未成年者との現金化の取引は難しいと思った方が良いでしょう。

現金化業者との契約ができかねるというのであればカードで換金性のある物を購入し買取業者に売ろうと企てる方もいらっしゃいますが、この場合も未成年者ですと交渉に応じてくれることはありません。

成人ではないことから親権者の同意が無くては駄目ということが多い取引事は多く、クレジット現金化は未成年だと身分証明書の有無関係なく取引は不可能ではありませんが契約してくれる業者は極めて少ないことがわかります。

クレジット現金化は成人になってからにしましょう。