現金化の契約は顔写真が付いている身分証がないと駄目かも

現金化 顔写真

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どんな契約であってもその人の身分証は必ず必要になるアイテムです。

クレジットカード現金化においても身分を明かせるものがありませんと業者は取引には応じてくれません。

身分が確認できる物があればどなたでも利用できる資金策ではありますが現金化の契約は顔写真が付いている身分証がないと駄目だという店舗もあります。

身分証明書があり本人からの申出というのにも関わらずクレジット現金化が利用できないのはどうしてなのでしょうか。

申込みしたのに顔写真付きの身分証がないから断られた

現金化 顔写真

初めて利用するクレジットカード現金化業者との契約はご本人からの申し出ということを確認する為に身分証明をしなくてはなりません。

身分証明は第三者のクレカの不正利用を未然防止するのに利用者様にはご協力していただきます。

身分証明の仕方は携帯電話のカメラ機能を使って身分証明書をお撮りいただき画像をメールに添付してもらい現金化業者が指定するメールアドレスに送信して完了です。

人によって身分を明かせる物はそれぞれ違うわけですが申込みしたのに顔写真付きの身分証がないから断られたという方がいらっしゃいます。

現金化業者はせっかく申込みをしてもらったのに取引を拒んだのでしょうか?

他人が使うこともできてしまう

現金化 顔写真

クレジットカードのショッピング枠現金化では悪徳業者の存在もありますが利用する側にも悪用する人間もいます。

男性名義のクレカと身分証明証があれば男の人ですと他人が使うこともできてしまうので現金化業者は携帯電話で自画像の写メを送ってもらい写真が付いている身分証と同一人物だということが一致しませんと交渉しません。

1)運転免許証、2)パスポート、3)住記カード、いずれかをお持ちで無い方はクレジット現金化の契約は難しいと思ってください。

保険証しか持ち合わせていない人には利用できない資金策となることが多いです。

その他の必要書類を用意してもらう

現金化 顔写真

上記三点の写真付帯の身分証の画像のメールだけでなくその他の必要書類を用意してもらう場合もあります。

現金化業者はカードの悪用を恐れていますので申込み側が身分を偽っていないかということでありとあらゆる情報を手に入れようとするのです。

クレジットカード現金化とは関わりの無い勤務先の在籍確認をする業者もいますので勤め先の情報を申込みの際に言えない方は契約できないこともあり無職の人ですと利用することができないこともあります。

結論

現金化 顔写真

クレジット現金化は契約までに必要な書類が業者によって異なるので本人名義のカードと身分証があれば可能というわけにはいきません。

手頃な資金策といわれてはいますが実際の所は利用するのに面倒なことが多くなってしまうこともあります。

クレジットカード現金化で悪用することもできてしまうのでサービス提供側は非常に警戒しているのです。

あまりにも過剰に情報を要求してくる現金化業者はいかがなものかとは思いますがお互いスムーズに契約を進めるのであれば利用者は協力する気持ちも持ってあげてください。