クレジットカード現金化業者として嘘の口コミを投稿してた時の体験談

クレジットカード現金化の口コミ

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

こんにちわ。
突然ですが、皆さんは口コミを参考にして現金化業者の評判を決めてはいませんか?
大吉屋やイージーサポート、あんしんクレジットなどの優良店を見つけるのに重宝している人も多いと思います。
しかし、口コミは業者の評判を見極める上で大切な要素ですが、それは口コミが本当に利用者によるものだった場合のみです。

実はあの口コミは99%が現金化業者に書かれた嘘の口コミで構成されているのです。
私も今でこそはこうやってクレジットカード現金化お役立ち安心ニュースサイトを運営していますが、現金化業者だった時がありました。

クレジットカード現金化の口コミの真実
そして、仕事として嘘の口コミを書いていました。
この経験から、ほぼすべての現金化業者が自社の評判を上げようとインターネット上に嘘の口コミを書き込んでいると断言できます。

そのまま信用してしまえば、まんまと現金化業者の罠にはまることになってしまいます!
今回は私の実体験からクレジットカード現金化の嘘の口コミの危険性をお話します。

現金化業者が嘘の口コミを投稿する理由

クレジットカード現金化の口コミの真実

私が現金化業者として働き始めてから一番初めの仕事は嘘の口コミを書く事でした。
評価は既に決まっており、同グループ内の現金化業者に良い評価を。
関係のない現金化業者には悪い評価をといった形に口コミを書き続けました。
実際には利用したことのない現金化業者をあたかも利用したかのようなシチュエーションを作りつつ口コミ投稿をし続けたのです。

クレジットカード現金化の口コミの真実

では、なぜ現金化業者は嘘の口コミを投稿するのか。
簡単なことです、特定の現金化業者を良く見せたいからです。
クレジットカード現金化には換金率の誇大広告が潜んでおり、サイトを見ただけでは実際の換金率を利用者が知る事はできません。

そして、利用者がどうしても契約前に換金率を知っておきたいと思った時に頼るのが口コミなのです。

クレジットカード現金化の口コミの真実

そんな利用者を騙して自社に申し込みをさせようと
「ここの現金化業者は前利用したときは90%で取引してくれたよ!」
なんて口コミを書き込むのです。
もちろん、この換金率90%という数字は何の根拠もありません。

ただ相場より高いからという理由で付けられただけの客寄せの換金率です。

クレジットカード現金化の口コミの真実

このように換金率だけでなく業者の評判から入金スピード、はたまた2ch口コミやYahoo知恵袋まで現金化業者の自作自演の口コミが混ざっています。
現金化業者は何人もこういった口コミ部隊を抱えており、中にはWebライターとして活動を続けている人もいました。
今となってはどこの現金化業者の人数を増やして口コミ対策をしていることでしょう。

そのことから99%以上の口コミは信用できず、嘘の口コミを信用してしまえば大変な目に遭ってしまうのです。

信用できる口コミは無い

クレジットカード現金化の口コミの真実

では、信用に値する口コミは存在するのか。
結論から言えば、信用できる口コミは存在しません。

以前までなら

  • 現金化業者を批判する口コミは信用できる
  • 具体的に書かれた口コミは信憑性が高い

などの口コミの見極め方がありましたが、今となっては現金化業者も学習してしまっていて、具体的な口コミを書くようになっています。
また、ライバル他社を蹴落とそうと他社に批判的な口コミを書き込むこともありますので、悪い口コミが山ほど書かれていたとしても、その業者が悪徳というワケでは無くなってしまったのです。

クレジットカード現金化の口コミの真実

そんな中から1%の真実の口コミを見つけるのは砂漠の中で1本の針を探すようなもの。
運良く見つけられたとしても、その口コミの内容が具体性に欠けていれば何の意味も持ちません。

そのため、クレジットカード現金化に置いて口コミを参考にすることそのものが間違った選択肢だと思っておいてください。
口コミを参考にしても業者の評判には何も結びつきませんのでご注意を。

口コミで大変なことになった3人の体験談

クレジットカード現金化の口コミの真実

口コミには嘘が溢れています。
そんな口コミを参考にしてしまえば現金化が失敗に終わるのは目に見えて明らかです。

この章では、私が現金化業者だった頃に実際の利用者から電話口で聞いた口コミを参考にしてしまった人の詐欺被害の体験談です。
口コミを参考にすると、こうなる可能性があるということを重々胸に刻みつけておいてください。

換金率を大幅に引き下げられた

クレジットカード現金化の口コミの真実

名前:佐藤 高史(仮名)
性別:男性
年齢:29歳
被害金額:24,000円


まず1人目は佐藤 高史さんにお話をお伺い致しました。
佐藤さんは小さい会社を運営していたそうなのですが、どうしても資金繰りが厳しくなり不渡りになりかけてしまいました。
会社を簡単に潰す訳にもいきませんでしたので、どうにか現金取得方法は無いのかと探し続けた結果がクレジットカード現金化だったそうです。

とはいえ、会社を預かる身としてはそんな危なそうなサービスに手を出すわけにも行かず、先に調べてから利用しようと思ったとか。
そこで、調べた時に見てしまったのが上位表示されていた現金化の口コミサイトだったのです。
多くの口コミが書かれているサイトを見て
「これだけの人達に評判の現金化業者なら大丈夫だろう」
と思って利用してしまいました。

クレジットカード現金化の口コミの真実

初めに提示された換金率も口コミで書かれていた通りに94%を提示されたようです。
「やっぱり口コミは本当だったんだ!」
とその時は喜んだらしいですが、後々になって後悔することになりました。

なんと、実際に振り込まれた金額を確認してみると94%には程足りない76%分の現金しか入金されなかったのです。
急いで現金化業者に問合わせたところ「手数料は後から換金率からお引きします」
という驚愕な契約内容でした。
手数料が引かれることなど、現金化業者から伝えられておらず、こちらから聞かなかったという理由で契約内容を明らかにはしていなかったのです。

結局、利用規約に取引後のキャンセルは受け付けないとの一文があったため、佐藤さんは泣き寝入りするしかなかったそうです。

この口コミを参考にしたせいで138,000円入金の94%ではなく、74%の114,000円入金。
差額24,000円を損することになってしまいました。

キャンセル料を要求された

クレジットカード現金化の口コミの真実

名前:田中 義樹(仮名)
性別:男性
年齢:38歳
被害金額:25,000円


2人目は口コミを参考にして現金化業者を選んでキャンセル料をボッタくられてしまった田中 義樹さんの被害ケースです。

ある日、田中さんはどうしてもお金が必要な事態に陥って(内容は教えてくれませんでした)、なんとかしてお金をかき集めていたそうなのです。
しかし、どうしても後10万円足りず、クレジットカード現金化を利用して補填しようと考えました。
そして、口コミで換金率の高かった現金化業者を利用しようと、口コミサイトで「換金率ランキング」と書かれた表記を上から申し込みをしたそうです。

しかし、その後10万円を用立てる方法が見つかり、申し込みをした現金化業者をキャンセルしようと思いました。

クレジットカード現金化の口コミの真実

そしたら今までは優しかった現金化業者の担当者の態度が一変。
なんと、キャンセルするためにはキャンセル料25%が必要だそうです。

クレジットカード現金化業者の言い分は
「ここまで時間取ったんだから契約するかキャンセル料を払え」
というものでした。

流石に反論しようとしたら、利用規約にキャンセル料金が書かれていると言われてしまい・・・。
クレジットカード現金化を利用するより安く済んだと思い込むことにしてキャンセル料25,000円を現金化業者に支払ったそうです。

クレジットカード情報を盗まれた

クレジットカード現金化の口コミの真実

名前:鈴木 寿人(仮名)
性別:男性
年齢:35歳
被害金額:45万円


最後は、この3人の中でもっとも高額な被害金額を受けてしまった鈴木 寿人さんのお話です。
鈴木さんはパチスロをやるのが趣味でした。
とは言ってもそこまでお金を注ぎ込む人では無く、余裕のある時だけ打つ人だったそうです。

しかし、ある時いつものようにパチスロを打っているとキャッシュカードを忘れてしまったことに気づいた鈴木さん。
目の前には今にも当たりそうな台がありながらも、そこでお金が尽きてしまいました。

なんとか現金を少しでも作ることはできないのかと考え抜いて調べた結果、辿り着いたのがクレジットカード現金化でした。
初めは色々と調べてからと思っていたそうなのですが、刻一刻と迫る時間と比較サイトの多さに辟易としてしまい、たまたま目に付いた口コミに貼られていたURLから業者を利用したそうです。

クレジットカード現金化の口コミの真実
焦りからよく解らないまま利用してみたのですが、その業者はなんと換金率98%で取引をしてくれるとの申し出をしてきました。
「たった2%ならありがたい!」と思い早速取引に移ったのですが慣れていないせいか手続きに手間取ってしまいます。

そんな時にその現金化業者が言ったのが、
「クレジットカード情報をお渡し頂けるのであればこちらで処理しておきますが」
という言葉でした。
急いでいる鈴木さんはその申し出を了承し、クレジットカード情報を送ってから5分程度で98%の換金率で入金されていたそうです。

お金を手に入れられた鈴木さんは2%で現金化ができるなんてと喜んだらしいのですが、それも束の間。
月末になり、支払い明細を確認してみると、なんとクレジットカードのショッピング枠がすべて使い切られていたとのことでした。

クレジットカード現金化の口コミの真実

急いで現金化業者に電話を掛けてみたところ、電話は繋がらず・・・。
クレジットカード会社に電話をしてカードを利用停止にしてもらったはいいですが、使われてしまったショッピング枠45万円は鈴木さんが負担しなくてはなりません。

カード会社に免責を頼んだそうですが
「自分の意思でカード情報を渡した場合は免責に該当しない」
と突っぱねられてしまいました。
今になっても大好きなパチスロを抑えて45万円の返済を続けているそうです。

他の口コミ詐欺被害が見たい方はこちらをご覧下さい↓↓↓↓

【体験談】口コミでクレジットカード現金化業者を選んで失敗した5人の例
【体験談】口コミでクレジットカード現金化業者を選んで失敗した5人の例
さまざまな金策ができる現代社会になりましたがお金にまつわる取引事には落とし穴があります。 クレジットカード現金化の口コミや2chは利用...

口コミを信用すれば痛い目に遭う

クレジットカード現金化の口コミの真実

如何でしたか?
このように現金化の口コミは現金化業者の嘘が99%で構築されており、とてもじゃありませんが利用者が参考に出来る口コミは存在しません。

1%の真実の口コミを活用して現金化業者の評判を確かめるのは現実的ではなく無謀な行為です。

クレジットカード現金化の口コミの真実

3人の体験談のように騙されて詐欺被害に遭いたくないのであれば、口コミは活用しないほうが無難でしょう。
この3人以外にも口コミを参考にしてしまって、現金化業者の甘い罠に釣られてしまった人は大勢います。

現金化業者を選ぶ上で一番大事なのは他人の評判に流されないで自分でしっかりと確認してみることですよ!