こんな現金化業者は嫌だ!利用者が取引したくない現金化業者3選

利用者が取引したくない現金化業者3選

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

クレジットカードを使った資金調達法といえばキャッシング枠を使い借入をすることが代表的です。

しかし、クレカをお持ちの方であってもキャッシング枠が付帯されていない人もいます。

そんな方たちはショッピング枠を使っていただければ現金化ができますからキャッシング枠がなくてもお金を用立てることができるのです。

クレジットカード現金化は今では業者を通さずとも自分で行うことも可能となりました。

ご自身で現金化をするとなればお金を手配するまでの段取りをすべて一人でしなくてはならず労力や時間を費やすことになります。

それでも業者と契約をせずにカードのショッピング枠を現金化するのには訳があるのです。

数ある現金化業者の中から取引をするお店を探し出すことになりますから利用検討者からすると自分でやってしまった面倒だけど合理的と感じるのでしょう。

それだけでなく、申込み依頼しようとしていた現金化業者に電話問い合わせをしましたが利用する気が失せてしまったという人もいるのではないでしょうか?

それは、想像していた店舗とはかけ離れていてどんなことがあっても、このお店では絶対にやりとりはしたくないという気持ちを抱いてしまったからです。

今回は、こんな現金化業者は嫌だ!利用者が取引したくない現金化業者についてお話しましょう。

業者と取引をせずに自分で現金化をする人が増えている

昔とは違ってクレジットカード現金化を行っている業者は半端ない数となりました。

元々、買取方式の業者しか存在していませんでしたが、今ではキャッシュバック方式や電子マネーを換金するアマゾンギフト券買取を行っている店舗が続々と出店するようになったからです。

現金化はクレジットカードを使った方法だけに留まることがなく携帯電話を使用した取引も編み出されるようになったのです。

現金化利用検討者は契約業者を選択できるだけでなく取引方法も選べるようになりました。

中には、業者と取引をせずに自分で現金化をする人が増えているのです。

現金化業者との契約に嫌気をさした人は大勢いる

現金化業者との契約に嫌気をさした人
現金化業者との契約を交わさずに自分でお金を用立てるだなんてどのような手段なのでしょうか?

換金性の高い商品をピックアップしクレジット決済で購入し買取専門店に転売をすれば自分で現金化はできます。

【極秘】換金性の高い商品をピックアップ!今日からできる自分で行うクレジット現金化の方法!
【極秘】換金性の高い商品をピックアップ!今日からできる自分で行うクレジット現金化の方法!
みなさんが所持している物は高値で売れる代物があるかもしれません。 物の品質状態や需要によって売値は異なりますが、確実にお金に替えられま...

但し、自分で現金化をするわけですからお金を手配する段取りはすべて自身で行わなければいけません。

まずは、何を買うのかを決めなくてはいけませんから高値で売れる物はどんな品があるのか見定めなくてはならないのです。

ブランド品を換金するにもエルメスではなくヴィトンを選ばなければいけませんが、大黒屋では季節の変わり目によって買取率が変動します。

モノグラムのキーケースは定番で高換金率となりますが、夏から秋へ冬へと変わる頃はダミエのアズールやグラフィットの方が高値で売れるのです。

このような情報はすべて自分で入手しなければいけません。

常にチェックしませんと購入したときには既に対象の物は換金率が低くなっているかもしれないのです。

こんなに手間がかかるのにも関わらず現金化を考えている人は、どうして業者との取引をしないのでしょうか?

それは、現金化業者との契約に嫌気をさした人が大勢いるからです。

利用者が取引したくない現金化業者とは

利用者が取引したくない現金化業者
クレジットカードのショッピング枠もしくは携帯電話のキャリアを使用していただければ現金化はできます。

これらの方法は買取方式以外は現金化業者と取引を行いませんとお金を工面できません。

自分で現金化をするにしても手間がかかり面倒な点も多いことから業者とやりとりをした方が楽なはずです。

今では、現金化業者は相当な数となっておりますが、中々お気に召す店舗がないという意見を利用検討者から聞きます。

現金化業者に電話問い合わせをしてみたところ大変気分を害され「こんなお店じゃ取引なんか絶対しねえぇ。」と強い口調で言われる人がいるのです。

利用者が取引したくない現金化業者とはどんなお店なのでしょうか?

曖昧な返答しかしない

曖昧な返答
みなさんがクレジットカード現金化をする上で換金率は気になる項目でしょう。

現金化業者によって公式ホームに表記されている換金率の数値は異なります。

また、利用経験者ならお分かりの通り取引をするとなれば還元される金額は低くなりますので、正確な基準値を業者から聞き出そうとするはずです。

しかし、現金化業者は電話やメールでの還元率の問い合わせに関しては他店と比較をしている人と見受けるので曖昧な返答しかしません。

  • 大体○○%から○○%
  • 申込みをしないと言えない
  • 他店の換金率を聞こうとする

このようにハッキリとしたことを言わず話をはぐらかすのです。

使用するショッピング枠により○○%から○○%くらいとだと断定した数字を言わなかったり、申込みをしてからではないと答えられないと言いなりにさせようとする業者もいます。

他の現金化業者で聞いた換金率を言わせ、そのお店よりも高く見積もった数値を伝える店舗もあるのです。

取引業者を選考する場合、少しでも高い換金率を言う方が良い印象を与えることを知っているので他店の数値を聞き出し、それよりも高い値を告げます。

しかし、実際には依頼者に申した金額での現金化は行いません。

正確なことを言わない現金化業者は信頼性を欠くので利用したいとは思わないでしょう。

横柄な態度で接客

横柄な態度
多数のサービス業者が存在しているクレジット現金化ではさまざまな店舗が入り混じっています。

換金率が高い店舗もあれば送金対応が早いお店などもありニーズに沿った現金化業者と契約することで満足できるでしょう。

しかし、接客態度が横柄な現金化業者がいて利用する前の段階で断念した人は多いです。

依頼者を見下す失礼極まりのない現金化業者は大変多く言葉使いが非常に悪く気分を害された方はいるのではないでしょうか?

元々、ヤミ金業をしていた業者が警察の手を免れるためにクレジットカード現金化へと移り変わったということも聞きます。

高利貸業者の取立ては尋常ではない脅しをするそうですから、現金化業者になった途端に丁寧な口調に戻すことができずにいるのかもしれません。

例え、取引内容が良かったとしても横柄な態度で接客されれば気分が悪くなりますから取引したいとは思わないでしょう。

クレジット情報を送らせようとする

クレジット情報を送らす
クレジットカード現金化の契約では依頼者は身分証の画像はメールにて提出しませんと取引ができません。

クレカの不正利用防止のため現金化業者は契約者から免許証やパスポートなどの写メを請求します。

また、買取方式やアマゾンギフト券現金化業者は物を換金するため古物商法の規定で依頼者から身分証明をしていただかないといけません。

それ以外の個人情報は現金化業者によって提出物は異なります。

しかし、クレジット情報を送らせようとする現金化業者がいてカードの安全面ことを存じていない人は両面の画像を送信してしまうのです。

クレカのセキュリティ面を知っている人は危険だと察知し取引をするのを止めるのですが、カードの写メを送ってしまった人は契約をしてしまいます。

現金化業者から言われていた通りに口座に着金があったので安心しきっている人がいますが悪用される可能性がありますのでクレジット情報は教える必要がありません。

変な業者が存在しているので自分で現金化をしている

自分で現金化をしている
以上が、現金化利用検討者が取引したくない業者3選となりますが該当する店舗はありましたでしょうか?

もし、出くわしたとして契約をしなかったのであれば正解です。

クレジットカード現金化を行っている業者は増えていく一方でニーズがあることが証明されています。

先程もお話したように取引をするのであれば業者の選考は重要になりますから慎重になって選ばなければいけません。

しかし、業者と契約を交わさずともクレジットカード現金化はできることが判明しており自分で行っている人が多くなりました。

余計な心配をせずにお金を用立てるには自身で現金化をしてしまうのが最もなことです。

買取方式をしようとしても、違法取引を編み出している現金化業者も増えてトラブルに巻き込まれる危険性があります。

これはヤバイ!キャッシュラインが編み出している現金化の方法は違法取引です!
これはヤバイ!キャッシュラインが編み出している現金化の方法は違法取引です!
はじめまして。 元現金化業者の三上勇太です。 お持ちでない方もいますが、クレジットカードのショッピング枠は買い物だけでなく飲食な...

変な業者が存在しているので自分で現金化をしている人が増えたのでしょう。