新幹線の回数券の売却はバレますか? | クレジットカード現金化

新幹線の回数券を売却するとバレるのか解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「新幹線の回数券の売却をするとバレますか?」

最近、このようなコメントをよくもらいます。

新幹線の回数券は現金化でもっとも高換金率で取引がされている商品で換金率90%~95%で誰でもカンタンに現金化することのできる商品です。

おそらく、誰もが新幹線の回数券で現金化をしたいと考えることでしょう。

しかし、ここで問題となってくるのがクレジットカードの利用停止のトラブルです。

新幹線の回数券はどこのサイトを見ても利用停止のリスクが高い商品だと言われています。

そのため、現金化に使うべきではないと言われているってことですね。

しかし、これらのことは本当のことなのでしょうか?

  1. 新幹線の回数券の売却はなぜバレるのか。
  2. 新幹線の回数券の売却をすると、どれくらいの確率でバレるのか
  3. 新幹線の回数券を売却してもバレない方法はないのか。

ここでは、こんなことをみなさんにお話していこうと思います。

新幹線の回数券の売却はなぜバレるの?

新幹線の回数券の売却がバレる理由

新幹線の回数券の売却はしてしまえば、すぐにカード会社にバレてしまいます。

では、なぜそんなにも早くカード会社に新幹線の回数券の売却がバレてしまうのでしょうか?

それは”カード会社がロボットによる自動検知で現金化取引を探しているから”なんです。

「ちょっとピンとこない」という人はGoogleを思い浮かべてください。

Googleには日夜多くの記事が投稿されていますが自分の気になるキーワードで検索をすることでそれについての記事を検索することができます。

新幹線の回数券を売却しての現金化について

カード会社もそれと同じようにカード取引を検索して、新幹線の回数券に関係するカード取引を常にチェックしているんです。

そのため、平日や休日関係ナシにカード会社に新幹線の回数券を購入したことがバレてしまうのです。

一度、クレジットカードで新幹線の回数券を購入した人はカード会社に要注意人物として扱われることになり、さらに厳しい監視が入って次回の現金化のときにクレジットカードが利用停止にされてしまうのです。

新幹線の回数券の売却がバレる可能性はどれくらい?

新幹線の回数券の売却がバレる可能性

では、新幹線の回数券を売却してもカード会社にバレない可能性はどれほどあるのでしょうか?

結論から言いますと、新幹線の回数券の売却は99%カード会社にバレてしまいます。

というのも、カード会社は新幹線の回数券の現金化を非常に警戒をしているからです。

yahoo知恵袋にはこのような質問が投稿されていました。

三井住友銀行のクレジットカードなんですけど新幹線の切符を買ったら利用停止になりました。カード会社から連絡が来てなんで買ったの?とかほんとに本人か?みたいなことを聞かれました。それで干支を聞かれて自分の干支覚えていなくて答えられませんでした。そしたら干支が答えられないなら5日から10日くらいまで利用停止にします。と言われました。あまりにも理不尽すぎると思うんですけど皆さんどう思いますか?
引用Yahoo知恵袋

この質問者は旅行のために新幹線の切符を買っただけですが、即座に利用停止にされてしまったのです。

質問者は後日現金化目的でないことがわかり、利用停止は少ない日数のみとなりましたが、これが現金化目的であったのなら二度と利用停止が解けることはありません。

さらに、別の質問ではロボットが勝手に利用停止にすることもあると書かれていました。

新幹線の回数券の売却は高換金率ですが、ほぼカード会社にバレてしまいますので注意です。

新幹線の回数券の売却をしてもバレない方法はないの?

新幹線の回数券を売却してもバレ無い方法

先ほども言いましたが、新幹線の回数券の売却はカード会社にバレてしまいます。

しかし、利用停止のリスクを下げるという意味では方法がないこともありません。

  • カード会社に事前に連絡しておく
  • 自分の地域の新幹線の回数券を買う
  • 新規発行のクレジットカードは避ける

これらの方法を使えば利用停止のリスクを多少下げることができます。

では、それぞれの方法をカンタンに説明していきますね。

カード会社に事前に連絡をしておく

カード会社に事前に連絡をする

利用停止にされる理由は現金化のみならず、不正利用の疑いの場合もあります。

不正利用とは第三者にあなたのカードが勝手に使われているのではないかという疑いですね。

”新幹線の回数券を買う”ことをカード会社に事前に連絡しておけば不正利用で止められる可能性は無くなります。

ただし、そのときの電話でカード会社からなぜ新幹線の回数券を購入するのか聞かれますので、うまい言い訳を考えておいてくださいね。

自分の地域の新幹線の回数券を買う

自分の住所の新幹線の回数券を購入する

九州に住んでいるのに東京~大阪の新幹線の回数券を購入するのは明らかに不自然ですよね。

「何に使うんだ?」と思われてカード会社に現金化を疑われても仕方がありません。

そのようなことにならないように自分の住んでいる地域発からの新幹線の回数券を購入するようにしましょう。

新規発行のクレジットカードは避ける

新規発行のクレジットカードはさける

新規発行のクレジットカードには支払いの実績がありませんので新幹線の回数券を購入するとすぐにクレジットカードが利用停止にされてしまいます。

新規発行のカードでの現金化は大変危険なので支払い実績を作った上で現金化をしましょう。

また、同じように支払いに遅れていたりショッピング枠をギリギリまで使っている人なんかも危険なので、現金化をするときは覚えておいてくださいね。

新幹線の回数券の売却のまとめ

新幹線の回数券の売却についてのまとめ

新幹線の回数券を売却してしまえば、カード会社にすぐにバレてしまいます。

先ほどわたしがお話した方法ならばカード利用停止のリスクを多少は抑えることができますが、あくまで『多少』です。

クレジットカードが利用停止になる可能性はありますので新幹線の回数券を売却しての現金化をするかたは”自己責任”であることを忘れないでおきましょう。

安全に現金化を利用したいなら換金率は下がりますが現金化業者を使った方法をオススメします。

ローリスクローリターンな現金化業者か、ハイリスクハイリターンな新幹線の回数券か後悔しない選択肢を取るようにしてくださいね。

クレジットカード現金化の裏側 | トップに戻る