注意喚起

他人名義でクレジット現金化はできるの?

他人名義でクレジット現金化はできるの?できるお店とできない業者の違いを解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

専業主婦の方たちの中でクレジットカードをお持ちの方はどれくらいいるでしょうか?

主婦業をされている人でも結婚する前はお仕事をされていたでしょうから、クレジットカードを作ったことがある方もいることでしょう。

主婦になってから新たにカードを作ることはできないでしょうから、ご主人様名義のクレカを預かり使用されている人はいます。

もしくは、家族カードを持たれている方も多いでしょう。

家族カードは、ご主人様がクレジット信販会社に加入されている場合は配偶者もクレカを持つことができるのです。

但し、ご家族が18歳未満の場合は家族カードは使用することができません。

クレジットカードの使い道は人それぞれ違いますが、使用できるショッピング枠とキャッシング枠の限度額も違ってくるでしょう。

中には、キャッシング枠が付帯されていないカードをお持ちの方もいてクレジット会社からの借入ができない方もいます。

また、貸金業法が改正されたことにより消費者金融でお金を借りることができない人が大勢になりました。

そんな状況を解消してくれるのがクレジットカードのショッピング枠現金化です。

カードに付帯されているショッピング枠さえあれば、誰でもできるサービスになっていますのでお仕事をされていない人でも資金繰りができます。

当然ですが、クレジットカードをお持ちでない人はショッピング枠を現金化することはできません。

しかし、他人名義でありますが家族が使用しているカードをお持ちであれば現金化はできるのでしょうか?

他人名義でクレジット現金化はできるのか可能なお店とできない業者の違いを解説いたしましょう!

クレジット現金化は他人名義でもできる

他人名義でクレジット現金化はできるの?
クレジットカードのショッピング枠を使った現金化は以前に比べ利用者が増えました。

消費者金融での借入が困難になりましたので、クレジット現金化で資金調達する人が多くなったのでしょう。

消費者金融でお金を借りる際は、審査がつきもので職に就いている人であれば借金することは簡単でした。

しかし、総量規制が完全施行されてからは借入することは難しくなりましたので、お金を用立てたいからしますとクレジット現金化は好都合なのです。

クレジット現金化はカードに付属されているショッピング枠があれば、誰でも資金繰りができます。

専業主婦やフリーターの方たちのように定職に就いていない人でも、クレジットカードさえあれば利用ができるというわけです。

クレジット現金化はカードのショッピング枠が残っている状態であれば誰でもできるということですが、自分名義の物以外ではできないのでしょうか?

そんなことはなく、クレジット現金化は他人名義でもできます。

他人名義のカードで現金化する場合は同意が必要

他人名義でクレジット現金化はできるの?
専業主婦の方ですと結婚する前はOLをしていたでしょうから、クレジットカードを持っている人もいるでしょう。

旧姓名義のカードをお持ちでも現在の名前と同一人物であることが証明できればクレジット現金化はできます。

クレジット現金化は申込依頼者が使用するカードの名義人であることが取引業者に明らかにすればできるのです。

では、クレジット現金化の取引で本人ではなく違う人の名義で金策ができるとはどういうことなのでしょうか?

専業主婦の方の中には、ご主人様名義の家族カードをお持ちの人もいるでしょう。

こちらであれば、本人の名前ではありませんが現金化業者と契約を交わすことができます。

但し、他人名義のカードで現金化する場合は同意が必要です。

他人名義で現金化はできるお店とできない業者に別れる

他人名義でクレジット現金化はできるの?
クレジット現金化の取引は契約を結ぶまでに手順があります。

まずは、現金化業者の公式ホームのお問い合わせフォームもしくは電話申込から始めなくてはいけません。

その後はクレジットカードの不正利用防止のため、身分証明書を携帯電話の写メールもしくはFAXで提出します。

この際に、家族カードで現金化をしたいという人もいますが業者によっては断られることもあるのです。

カード名義人に承諾を得たとしてもクレジット現金化はできるとは限りません。

それだけでなく、取引方法によってもクレジット現金化はできない場合もあります。

他人名義で現金化はできるお店とできない業者に別れるでしょう。

キャッシュバック方式だとできない場合もある

他人名義でクレジット現金化はできるの?
クレジット現金化で最も早くお金が手配できる取引方法がキャッシュバック方式です。

キャッシュバック方式は、契約者がクレジット決済を行いカード会社が認証した時点でお金が銀行口座に振込まれます。

取引をする前は身分証明以外にクレジット情報を請求する現金化業者と遭遇するかもしれません。

もちろん、カード情報は見せる必要はありません。

但し、クレジットカードに記入されている名義と身分証の名前が一致していることが確認できませんと取引に応じない現金化業者も多いのです。

キャッシュバック方式の現金化業者は決済代行業者と提携しているのですが、依頼者が使おうとしているカードが他人名義だったということが無いように未然に不正利用防止をしています。

そのため、申込者が他人名義のカードを持っている場合は所有者に承諾を得れたとしても、キャッシュバック方式の現金化はできない場合もあるでしょう。

キャッシュバック方式の現金化は他人名義のカードですと最低限表面だけは身分証明書と一緒に写メかFAXで提出しなければできないかもしれません。

買取方式も他人名義ではできない場合もある

他人名義でクレジット現金化はできるの?
買取方式の現金化は取引業者に指定された物を販売店まで伺いクレジット決済にて購入することから始めていただきます。

お買い求めた品物はそのままの現金化業者に転売し買取代金を受け取って取引は完了です。

現金化業者に買ってくる物を指示されるのですが、直接店頭でショッピングをしなくてはいけないのでご主人様のクレジットカードで奥様が買い物することはできないでしょう。

しかし、父親名義のカードを子供が使って物を買うことは可能です。

買取方式の現金化業者は身分証と取引対象品さえ持ち込んでさえくれれば、言葉が悪いのですが誰のカードで購入した物であっても換金してくれます。

他人名義のカードでクレジット現金化をする場合は同性でないとできないこともあるのです。

基本的に他人名義の口座ではクレジット現金化はできない

他人名義でクレジット現金化はできるの?
クレジット現金化は、当たり前ですがカードがなければ資金調達することはできません。

他人名義のカードでできることは分かっても、業者によっては取引に応じてくれないこともあり、クレジット現金化をするなら自分のクレカで資金調達を考えるのが最もです。

クレジット現金化はカードだけでなく他の物も他人名義でできないこともあります。

それは、現金化業者と契約の際にお金が振込まれる時に使われる金融機関です。

クレジット現金化で振込先が他人名義であると取引をすることができないでしょう。

これは、確実にお金が着金されているのにも関わらず自分の口座で入金確認ができないと言えるため、トラブルの原因になる恐れがあるので現金化業者は本人名義の物でないと対応しないことが多いです。

基本的に他人名義の口座ではクレジット現金化はできないと考えてください。

関連記事

  1. 摘発の対象

    決済端末を抱えている現金化業者はすべて摘発の対象!

  2. 現金化 一万円

    現金化は一万円からできるが損すること間違いなし

  3. 現金化 換金率

    現金化サイトの最大値の換金率には要注意!

  4. 現金化業者の誇大広告にうんざり!

    業者の誇大広告にはうんざり!最短5分のスピード入金は真っ赤なウソ!

  5. ショッピング枠現金化の実際の換金率は予測できない数値

    必ず変わる!ショッピング枠現金化の実際の換金率は予測できない数値になる…

  6. キャンセルができない悪質現金化・換金業者の特徴

    甘い言葉にご注意!キャンセルができない悪質現金化・換金業者の特徴

エキスパート

【STEP3】実際に使ってみよう

今人気の記事一覧

  1. 最新コラム

  2. メリット

  3. 現金化の方法

最近の記事

  1. ショッピング枠現金化の手順とは?業者を使う流れを徹底解説

プレミアム

PAGE TOP