現金化の方法

商品券 現金化

商品券をカードで購入!でも待って!その現金化方法は利用停止にならない?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ショッピング枠現金化では様々な取引方法が生み出されていますが、昔から馴染み深い買取方式は指定された商品をクレジット決済で購入し、その品物を買ってもらうだけの簡単手続きですので未だに人気を集めています。

買取方式での契約では対象とされている商品が様々となっておりますが、どの店舗も換金性の高い品を中心に取扱っていることでしょう。

しかし、換金性の高い商品は現金化を目的にカードで購入しようと目論んでいる人が多い為、クレジット信販会社が阻止しようと決済を認証しないことが多くなりました。

その中でも商品券は大変換金率が高く高価買取りが見込まれます。

商品券をカードで購入!でも待って!その現金化方法は利用停止になりませんか?

商品券の現金化は換金率が最も高い

商品券 現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化は契約する店舗によって取引方法が異なるだけでなく、ご購入する商品もそれぞれ違います。

現金化の取引方法には買取方式があるのはご存知だと思いますが、その名の如く商品を換金することによってお金を用立てることができるのです。

先程も述べましたが買取方式の現金化では対象とされる品物は契約を交わす店舗によって様々ですが、大半が換金性の高い商品と決まっています。

中でも、商品券の現金化は換金率が最も高いでしょう。

金券類には新幹線の回数券やギフト券がございますが、これらは販売価格とほぼ変わらない値段で換金してもらうことができます。

高換金率ではあるが危険?

商品券 現金化

商品券の現金化は買取率が高いので人気のある方法なのですが、カード会社は換金を目当てにショッピング枠を使用することを禁じておりますので黙って見過ごしてはくれません。

昔からあるショッピング枠現金化の買取方式では主に金券類が対象となっており、換金率が非常に高い物として扱われていたのですが、クレジット信販会社もカードで新幹線の乗車券を頻繁に買われている方の使用に不審を抱き始めたのです。

もちろん、クレジット会社に購入目的を問い出されたとしても現金化を目的に金券を買ったことを口外することさえなければ換金目当てにカードを使用したことはばれません。

しかし、カード会社はこういった出来事がよくあることから金券類のクレジット決済を認証を滅多なことではしなくなったのです。

例え、カードで金券等を買えたとしても期限付き使用停止や最悪な場合は解約命令を出される等、商品券の現金化は高換金率でありますが危険を伴います。

買取方式で取引するなら商品券以外の物で現金化すべき

商品券 現金化

あくまで商品券を使って現金化をするのは避けるべきと述べているだけで、買取方式での取引はしない方が良いと言っているわけではありません。

買取方式で取引するなら商品券以外の物で現金化すべきです。

金券類以外で買取率が高い商品といえば、高級ブランド品で特にルイ・ヴィトンは商品券と比較しますと換金率は若干劣りますが、販売価格の86%以上見込める物もあります。

その他のブランド品ですとシャネルやブルガリ等も高価買取価格が見積もられますが、ルイ・ヴィトンと比べますと換金率は劣ってしまうのです。

海外品位外にも国産のゲーム機等も高価買取が見込める商品となっております。

ショッピング枠現金化をするなら少しでも高い換金率で契約をしたいと願うのは誰もが同じ考えではありますが、購入する商品によってはクレジット決済で買うことはカードを危険な目に遭わせてしまうかもしれません。

また商品券が何故利用停止の高い商品なのかという疑問についてはこちらで紹介しておりますので、利用停止の疑問を解消したい方はこちらも併せてご覧下さい。

関連記事

  1. 自分で現金化

    自分でも出来る!クレジットカード現金化の裏ワザ

  2. dポイントを現金化する方法まとめ

    【超簡単】dポイントを現金化でお金に換金する方法を分かりやすくまとめて…

  3. クレジットカード 現金化 電子マネー

    電子マネー現金化方法とはいったい…

  4. クレジットカード 現金化 不要物

    クレカが無ければ家にある不要物を売ってお金を手配しよう

  5. キャリア決済 現金化

    携帯電話のキャリア決済で現金化ができるって知っていましたか?

  6. 【最新版】auかんたん決済を現金化で換金・交換する唯一の方法をまとめて…

エキスパート

【STEP3】実際に使ってみよう

今人気の記事一覧

  1. 最新コラム

  2. メリット

  3. 現金化の方法

最近の記事

  1. ショッピング枠現金化の手順とは?業者を使う流れを徹底解説

プレミアム

PAGE TOP