現金化になるまで

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間

利用前に確認!クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間について

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

お金にまつわる取引事はいろいろありますが、どっちつかずの領域であるクレジットカード現金化は利用者が大勢います。

審査や来店不要で資金調達ができるとあってか、クレジットカードのショッピング枠残高がある方は現金化業者と契約を交わしお金を工面している方が多いです。

クレジット現金化はカードのショッピング枠をお金に替える方法ということで、名前のとおり分かりやすい仕組みとなっていますが、中には貸金業法とお間違えされている人もいます。

確かに現金化業者からお金を手配した後は、クレジット信販会社へ使用したショッピング枠の額面を返済しなくてはいけないことからお金を借りたという認識になってしまうのでしょう。

あくまで、クレジット枠現金化は取引方法によって契約内容は異なりますが、カードのショッピング枠を使い買物をするだけのことなので借入をするわけではありません。

今も申したように現金化業者の取引内容によって手順は異なりますが、クレジットカードを使うことに関しては共通です。

現金化業者と契約する場合は、本人名義のクレカを用意していただくのはもちろんのこと身分証も必要不可欠となります。

カードのショッピング枠現金化では上記の2点は必須アイテムとなり、用意できない人とは業者は契約を交わしません。

クレジット現金化では業者側に悪質店がいますが、利用者側にも詐欺師がいることからカードの不正利用防止のため身分証明書は取引業者に写メールかFAXで提出しなくてはいけないのです。

現金化業者に身分証を画像を預けてから商談が始まりますが、店舗によってお金が手配できるまでの時間は異なります。

利用前に確認!クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間についてお話しましょう。

クレジットカード現金化をするなら仕組みの把握から

woman-point-shiteki
クレジットカード現金化と聞きましても何のことだか分からないという人もいるのではないでしょうか?

お金に余裕のある方は金策については消費者金融の借入しか想像がつかないことでしょう。

クレジットカード現金化をするなら仕組みの把握からしなくてはなりません。

クレジットカード現金化は大まかに言いますとショッピング枠をお金に替える方法です。

お金が現金化業者から振り込まれた後は、使用したショッピング枠の額面分をカード会社へ返済することから借金をしたと錯覚してしまう人がいます。

確かにショッピング枠を現金化した後はクレジット信販会社へ返済をしなければいけませんが、販売品をお買い上げされた際の支払いなのでお金を借りたわけではありません。

今、お話した内容だけですと大雑把すぎるので、もっと具体的にクレジットカードのショッピング枠現金化についてお話ししましょう。

カード現金化に限らず仕組みは知らなければいけない

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
先程は、クレジットカード現金化について大まかに説明しただけになります。

クレジットカード現金化はショッピング枠残高があれば誰でもできることは確かなことですが、それだけしか分からずに利用するのは少し気が早いのではないでしょうか?

クレジットカード現金化に限らず仕組みは知らなければいけません。

クレジット現金化は取引業者によって契約内容が異なります。

買取方式とキャッシュバック方式はクレジットカードのショッピング枠現金化を代表とする取引方法の名称ですが、手順はそれぞれ違うのです。

買取方式は字のとおり物を換金することにより代金を現金化業者から手渡しもしくは振込でもらいます。

買取方式の現金化をしたい場合は、今では郵送を行っている業者もいますが、大半が来店型となっていますので店頭へ換金する品物を持ち運びしなければいけません。

その上、キャッシュバック方式はネットだけで取引をすることができるので現金化業者の所在地まで足を運ばずとも契約を交わすことができます。

現金化業者が指定するオンラインショップでクレジット決済をしていただき認証された時点で指定の銀行口座に送金されるのです。

では、もっと具体的にクレジットカード現金化の利用手順とお金になるまでの時間をお話しましょう。

クレジットカード現金化の利用手順の時間

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
今では、クレジットカードのショッピング枠を使って資金繰りする方法にはamazonギフト券買取が登場するなどさまざまとなりました。

ただ、オーソドックスなやり方として買取方式とキャッシュバック方式はネームバリューもあり、クレカを使った現金化といえばこの2通りを用いた業者には連日申込が殺到しています。

買取方式は時間に余裕がある方がキャッシュバック方式は今すぐお金を用立てたい方と二手に別れますが、どちらの方法でショッピング枠を現金化するかはその人次第ということです。

では、クレジットカード現金化の利用手順の時間をお話します。

ネットもしくは電話申込から

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
お気に召した現金化業者を探し出せましたら公式ホームのお問い合わせフォームから必要項目を入力し申込みするか、または電話で申込みします。

いづれにしてもネットもしくは電話申込みから始めていただくことになりますので、依頼者は取引業者の選定を慎重に行わなければいけません。

現金化業者のお申込みフォームに記されている記入欄は以下のとおりです。

  • 氏名(フリガナ)
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • メールアドレス
  • ご予算
  • 連絡希望時間
  • 質問・要望

以上の内容が現金化業者に申込む際の必須項目となります。

申込された方の連絡希望時間に現金化業者から連絡先に電話が着信されますので入力ミスは無いように注意しましょう。

よくあるのが1ケタ抜けていたやメールがドメイン拒否されていたなんてことがありますので、スムーズに申込み手続きができるように準備してください。

身分証の提出

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
申込みが完了しましたら、現金化業者から電話かもしくはメールで連絡が来ますので指示に従って手続きをします。

申込み手続きが終わりましたら、次の工程としては携帯電話のカメラで身分証の画像を撮っていただき写メールを送信することになるでしょう。

取引先現金化業者によって提出しなくてはいけない必要書類事項は異なります。

  • 身分証(免許証、保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど)
  • 身分証を持っていただいた依頼者の自画像
  • 公的な郵便物

クレジットカード現金化を利用するにあたって身分証の提出ができない方は取引をすることができません。

身分証明するにしても免許証などの写真付きの物ではないと提出物として扱ってくれない現金化業者もいます。

サトウタロウさん名義のクレジットカードやパスポートをお持ちの家族のダイスケさんが成りすまして契約をすることもできてしまうのです。

そのため、身分を明かす物が保険証しか持っていないとなると本人名義のクレカをお持ちの方が依頼されましてもショッピング枠を使って現金化することはできないかもしれません。

クレジット決済

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
申込みした現金化業者に本人からの依頼だということを確認してもらいましたら、クレジット決済を行います。

但し、取引する現金化業者によってカードを切りに行くかその場でやるのか取引方法によってクレジット決済の仕方は変わるのです。

買取方式の場合は、現金化業者が指定した正規店でクレジット決済にて買物をしていただきます。

一方、キャッシュバック方式では現金化業者が導入した特殊な端末でオンライン決済をするので、ご自宅もしくは勤務先でもネット環境が整ってさえいればどこでもカードは切れるのです。

カード現金化利用者がクレジット決済を行う上で、よく起こることはショッピング枠残高不足のため切れなかったということです。

自分のクレジットカードだから残りの金額くらい把握していると自負する方がいますが、実際の残高は想像よりも遥かに下回っていただなんてことがあるでしょう。

クレジットカード現金化を検討しているのであれば信販会社へ問合せをしショッピング枠残高の確認は必ずしてください。

現状で使用できるショッピング枠の確認をするとしないではクレジット決済の成功にも関わります。

また、お金を手に入れる時間も左右されるのです。

クレカのショッピング枠残高を確認しない人が現金化をしようとしますとほとんどの方が決済が失敗に終わることが多いでしょう。

結果的に信販会社へ問合せをしクレジット決済ができなかった原因を追求することになりますので、現金化目的でなくてもカードを使用する場合はショッピング枠残高の確認をしてください。

取引業者によって利用手順と現金になるまでの時間は異なる

クレジットカード現金化の利用手順と現金になるまでの時間
クレジットカード現金化は契約する業者によって取引方法は異なるということは何度も申しましたが、買取方式とキャッシュバック方式ではお金を手に入れるまでの時間は差があります。

買取方式は来店型となり、キャッシュバック方式はネットでの手続きとなりますので現金の受取り方も違うのです。

買取方式は現金手渡しになり、キャッシュバック方式は指定の銀行へ振込とそれぞれお金の受取り方が取引方法によって異なります。

これを見ていただいただけでも現金を手に入れる時間はどちらのやり方のほうが早いのかお分かりいただけるのではないでしょうか。

買取方式は契約をしに現金化業者まで足を運ばなければいけませんから来店するまでに時間がかかります。

更に、お店に着いてからは現金化業者が買い取る商品を伝えられますので、一旦お店を出て支持された物を買いに行かなければなりません。

換金対象の品物が購入できましたら、取引業者まで戻り買われた物を買い取っていただき現金化が完了します。

ここまでに費やす時間は、利用者のお住まいから現金化業者までに伺う時間を省くと1時間はかかるのではないでしょうか?

では、キャッシュバック方式の取引では現金化までの所要時間はどれくらいかかるのか検証しましょう。

まずは、ネットか電話にて申込を行い必要書類を写メかFAXで提出をし、その後は現金化業者から契約時の換金率を提示され合意された時点でクレジット決済をします。

決済が完了しカード会社が認証されましたら、現金化業者から契約者が指定する銀行口座にお金が振込まれますが、ネットバンクをお持ちであれば平日15時以降であっても当日着金送金が可能です。

また、土日祝日であっても営業している現金化業者によりますが休日であっても現金化はできます。

現金化業者の公式サイトには即日最短5分で振込などと書かれていることがありますが、クレジット決済後からの時間となりますのでお金を手に入れるまでの時間も約1時間前後となるでしょう。

取引業者によって利用手順と現金になるまでの時間は異なります。

以上が、クレジットカード現金化の利用前に確認!利用手順と現金になるまでの時間についてでした。

関連記事

  1. amazonギフト券 現金化

    amazonギフト券を使って現金化するにはどうしたら良いの?

  2. クレジットカード 現金化 上野

    クレジットカード現金化を上野まで行くなんて面倒ですよ!

  3. クレジットカード現金化札幌

    クレジットカード現金化で札幌まで行く必要なんてありませんよ!

  4. ショッピング枠現金化は数分程度ではできませんよ!

    1時間以上は確実!ショッピング枠現金化は数分程度ではできませんよ!

  5. 買取方式 現金化

    買取方式の現金化で振込にかかる時間を検証

  6. クレジットカード現金化の利用停止と対策について

    今すぐ10万円必要!そんな時はショッピング枠現金化で金策しよう!

エキスパート

【STEP3】実際に使ってみよう

今人気の記事一覧

  1. 最新コラム

  2. メリット

  3. 現金化の方法

最近の記事

  1. ショッピング枠現金化の手順とは?業者を使う流れを徹底解説

プレミアム

PAGE TOP