現金化で身分証明書を提示できない人は煙たがれる

現金化_身分証明書_煙たい

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クレジット現金化をするまでにはショッピング枠残高のあるカードをお持ちであればどなたでもサービスを受けられますが、カードの不正利用と盗難防止の為身分証明書は最低限必要になります。

クレジットカード現金化を利用するにあたっては身分証明書を提示できない人は業者側に煙たがれるでしょう。

身分証明書だったら何でもいいの?

身分証明書だったら何でも

クレジットカード現金化のサービスを行なっている会社は利用者と契約をする時は必ず身分証明書の提示を請求いたします。

盗難されたカードの不正利用防止の為、身分証明書を提示できない方とは取引いたしません。

本人確認の仕方は携帯電話のカメラ機能を使っていただき身分証明書をお撮りいただき画像をメールに添付して相手側の指定のメールアドレスに送信するだけです。

現金化業者によっては身分証明書を提示していただくだけでなく他にも必要書類として提出を促してくることもあります。

クレジットカード現金化のサービスを悪用する詐欺師がいますので、本人確認事項は身分証明書だけですと取引に応じてくれない業者が多いようです。

免許証じゃないとダメ!

免許証_認めない

その他に必要となる情報といえば、
1)クレジットカード情報、2)本人の自画像、3)公的な郵便物です。

クレジットカード情報は有効期限とセキュリティコードを見せるのは不正利用される心配が申込みする側もありますので、伏せていただいた両面の画像を添付したメールの送信でも受け付けてくれるでしょう。

本人の自画像は身分証明書の写真と同一人物からの申込みを確認する為に提出を請求しますので、免許証じゃないとダメ!となる現金化業者が多いかもしれません。

免許証でなくてもパスポートか住民記帳カードの写真付きの画像ではないと受け付けてくれない場合があります。

公的な郵便物は申込みされた方が引越しをして間もない場合運転免許証が前住所が記載されている場合がありますからお住まいの確認として提出していただくことになるでしょう。

こう見ていただくとクレジットカード現金化は使うまでが面倒臭いと感じられるかもしれませんが大半の業者が本人確認は身分証明書だけしかできないという人は取引に応じてもらえないでしょう。

身分証明書を提示したのに現金化できなかった

身分証明証_提示_できない
上記の3点と身分証書を提出したのにも関わらず現金化ができなかった人も中にはいるかもしれません。

理由としては提出先の現金化業者が個人情報だけを収集する悪徳業者であったことが考えられます。

もう一つは現金化業者が利用者に対して不審感を抱いてしまったことが考えられ、いくら取引ができる条件を持ち合わせても現金化ができない人もいることでしょう。

申込みされた方が闇金業者の債務に追われ資金調達をする為にクレジットカード現金化を利用してお金を手配し返済をした後にチャージバックをするなどの行為を働かせるなんてことが以前ありました。

現金化業者も契約してもらう方は選びますので不審者とは決して契約を結ぶことはないでしょう。

コメント

  1. 山本大地 より:

    現金化業者が利用者に対して不審感を抱いてしまったこと
    とはどんなときなんでしょうか?
    それで理由で現金化できず個人情報だけ抜かれてしまうのは怖いので
    お暇なときにでも教えてください。