必要書類

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!

現金化は身分証の写真さえメールすれば取引ができる!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

取引事には何かしら必要書類があり提出をしないと契約までこぎつけません。

カードでお金も同様に取引の際、現金化業者に必要書類を提出をしませんと契約ができないのです。

書類といっても、書面を交わしたかた苦しい物ではなく身分証を提出するだけとなります。

身分証明書を現金化業者に提出するといっても、現物を差し出すのではありません。

携帯電話のカメラ機能を使っていただきお持ちの免許証か保険証をお撮りいただき写真を取引先が指定するメールアドレスまで送信するだけです。

中には、身分証以外の物を写メさせようとする現金化業者もいます。

クレジットカード現金化は身分証の写真さえメールすれば取引ができるので、それ以外の物は提出する必要がありません。

現金化で必要な書類は身分証明書の写真だけ

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!

クレジットカードのショッピング枠を使った現金化はお金の取引事ですが、業者から審査されることなく資金調達ができます。

カードでお金の工面する場合、現金化業者に依頼申込みすれば誰でもできるという訳ではありません。

どの現金化業者も決まって、あるものを提出しない人とは契約交渉すら行わないでしょう。

あるものとは身分証のことを意味します。

とはいえ、免許証や保険証の現物を預けるのではなく携帯電話で身分証の写真を撮って現金化業者に画像を送るだけです。

クレジットカード現金化は書面を交わした書類を取引前に提出することは一切ありません。

現金化で必要な書類は身分証明書の写真だけです。

クレジットカード不正利用防止のため

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!

免許証や保険証を現金化業者に写メしなくてはいけない理由は一つしかありません。

それは、クレジットカードの不正利用防止のためです。

各現金化業者によって取引方法はさまざまですが、買取方式やアマゾンギフト券買取では古物営業法によって身分証の写真を提出してもらわないことには契約はしません。

恐らく、何も必要提出物がなく現金化の取引ができるお店はないでしょう。

カードでお金では悪質店もあるのですが、利用する側にも詐欺師がいますので現金化業者は新規申込依頼者を警戒することがあります。

クレジット現金化がグレーであることを逆手に取りお金を騙し取るペテン師がいることから、身分証以外の写真をメールしないと取引に応じてくれないお店もあるのです。

その他に必要になる写真

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!"woman-camera"

クレジット現金化はショッピング枠が残っているカードと身分証があれば名義人以外の人間が成りすましてお金を用立てることができてしまいます。

どんなことがあっても現金化業者はクレジットカードの不正利用だけは阻止するので、初めて取引をする人には名義人である確証を掴むことがなければ取引には応じないこともあるのです。

免許証や保険証以外の写真を送らないと現金化ができないというのであればどんな画像を送れば良いのでしょうか?

身分証を持った自画像

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!
お持ちの身分証明書は人によって違いますので運転免許証やパスポートの写真付の物を所持している方もいれば、保険証のように文字しか記されていない物しか持っていないこともあります。

現金化業者は身分証以外に最低限の個人情報を依頼者から聞くでしょう。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先電話番号(自宅もしくは携帯電話)

以上の4点の中で連絡先電話番号以外は身分証にも書かれています。

ヤマダタロウさんのクレジットカードと運転免許証を持っているスズキシロウさんが本人に成りすまして不正利用することは容易くできてしまうのです。

そのため、現金化業者は身分証を持った自画像のメール提出で本人からの依頼だということ確証してからではないと取引には応じてくれません。

公的な郵便物

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!

現金化業者は身分証の写真や自画像を見ただけでは相手を信用しないことがあります。

免許証や保険証に記されている住所は以前の住まいではないかと、これでもかというくらい疑り深い現金化業者もいるのです。

身分証に書かれている住所を確認できる公的な郵便物の写真を送らないと現金化の契約をしてくれないお店もいます。

送るとしても現金化業者に申込みをした日の1、2ヶ月前のクレジットカードもしくは携帯電話などの利用明細書などではないといけません。

どこかのお店のシール張りのダイレクトメールや手書きの物では無効とされてしまいます。

クレジットカードの写真は絶対に渡さないこと

取引する現金化業者に身分証以外の写真をメールする必要はありません!

以上の2点はどの現金化業者でも必要になるわけではありません。

しかし、現金化業者に不審者と思われてしまいますと取引をすることができないでしょう。

カード現金化では契約交渉前に本人から依頼をしているのかどうかを確認するため身分証の画像をメールで提出します。

それ以外に送らなければいけない物といえば、先程も話しました自画像と公的郵便物です。

現金化業者の中には、さらに必要書類としてあるものの写真をメールするように促すこともあります。

そのあるものとはクレジット情報です。

どんなことがあっても、現金化ではクレジットカードの写真は絶対に渡してはいけません!

カード現金化の取引に限らずクレジット情報は名義人以外に知れてはいけない情報ですから、例えご家族であろうと口外してはいけないのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化では身分証の画像以外に必要な物も出てくることがありますが、大半の業者は免許証や保険証の写真があれば取引に応じてくれるでしょう。

関連記事

  1. 現金化 カード情報

    カード情報を求めてくる現金化業者は避けよう!

  2. クレジットカード現金化を楽天カードでするメリット・危険性まとめ

    楽天カードを持ってるなら知っておきたい!楽天カードをクレジットカード現…

  3. 現金化 顔写真

    現金化の契約は顔写真が付いている身分証がないと駄目かも

  4. アマゾンギフト券現金化 

    アマゾンギフト券の現金化なら身分証明のみでOK!

  5. ゲーム 買取 現金化

    クレジット現金化は未成年でも身分証明できれば取引は可能?

  6. 必要書類でカード情報提出はNG!

    必要書類でカード情報提出はNG!カード裏面の3桁の数字も絶対に口外しな…

エキスパート

【STEP3】実際に使ってみよう

今人気の記事一覧

  1. 現金化業者【突撃レポート】

  2. 最新コラム

  3. メリット

最近の記事

  1. ショッピング枠現金化の手順とは?業者を使う流れを徹底解説

キャッシュライン

PAGE TOP